2020/03/25に追記修正しました

ジグのトレブルフックについて

 標準装備のジグを外してアシストフックに付け替える人が多いのですが、実際のところはどうなんでしょうか?っということをツラツラと書いています。

 個人的意見を言えば、ハマチ狙いなら何でもOKなんじゃない?っと思いますが、大型が混じる可能性があるなら、アシストフックに付け替えてますね。

標準のフックは使いたかったら使えば良い

 この写真は標準装備のフックで釣ったハマチの写真です、どんな魚でもそうだと思うのですが、標準のフックでも十分釣り上げることは可能です。

トレブルフックでの釣果

 よほどの大物が掛かった、よほど長期間使用していて錆びて耐久性が落ちていた、みたいなことがない限り、ハマチがキャッチできないなんてことはないと思います。

 ただ、もし、フックが折れてしまったり、フッキングがうまくいかなかったときなんかにたぶんこのフックのせいで・・・っと思ってしまうのは仕方ないかもしれません、苦笑。

 要は、そんなことをまるっと含めて標準装備のフックを使っても良いと思うなら使えば良いし、いや、俺は替えるぞ!!っと思うなら替えれば良いと思います。

フッキングが決まりにくい?

 フッキングはフックの数が少ない方が決まりやすいと言われています。

 アシストフック1本だと1点集中で力が伝わるので、しっかり掛かるというわけですが、トレブルフックの場合は2点3点がかかることになる可能性が高く、思いっきりフッキングしたつもりでも力が2点3点に分散するので、思ったよりも掛かりが悪い・・・っとなることがあるのです。

リアのトレブルフックが欲しい魚種もいる

 では、アシストフック1本の方が常に優れているかというとそうでもないケースもあります。

 例えば、サワラ(サゴシ)、タチウオ、ヒラメ、マゴチなどちょっと捕食がヘタな部類のターゲット相手だとジグのどの部分を喰ってくるか分からないので、トレブルフックがある方が得策となるのです。

 当サイトのメインターゲットであるハマチから上のサイズになってくると、ジグを丸飲みにしてくるのでトレブルフックがなくてもあまり問題じゃないとも言えるわけです。

個人的には標準装備のトレブルフックは外します!

 上でも書いたようにどのターゲットを相手にするか、どういうポイントで釣りをするのかで変わるところもあるのですが、青物相手のときは標準装備のリア(後ろ)のトレブルフックは外して、フロント(前)のアシストフックのみにすることが多いです。

 もしくは、リア(後ろ)もアシストフックに変えてしまうかですね。

アシストフック

 標準フックのことを信用できるかできないかというよりは、他に理由があるからです。

  • 底取りで根がかりすることがある
  • ジグを跳ねさせすぎるとトラブルが増える
  • 丸飲みしてくる相手だとフック1本で十分

 まぁパッと思いつくだけでもこのくらいの理由がメインです。

 トレブルフックは魚がアタックしたときにそのまま掛かることもあって、そこがメリットとも言えるのですが、デメリットもあるので、替えるようにしているってだけです。

 ただ、サゴシ(サワラ)が回っていてジグを飲まれたくないときや、底が砂地みたいなポイントを攻めるとき、表層巻きしかしないときはそのままで行くときもあります。

そもそもフックが付いていないジグの方が多い?

 メーカーにもよりますし、そのジグの性質にもよるのですが、最近はジグにフックが付いていない、ジグそのものだけが売られていることが多くなってきているように思います。

フックのないジグ

 以前、フィッシングショーでメーカーの人にジグの付属のフックの話を聞いたことがあるのですが、外す人の方が多いとのアンケート結果が出たため、コスト削減と手間削減のためにフックはなしにすることに決まったと聞いたことがあります。

 まぁ、コスト削減につながってジグが安くなってるなら、こちらとしては文句のつけようもないですねー。

日本産のフックはこれ以上ないくらいに優秀

 日本の、国産のフックメーカー(例えば、がまかつさんとか、ヴァンフックさんとか)なら新品のフックであれば貫通性も耐久性も心配無用というところがあります。

 かなりの負荷にも耐えられるようになっていて、ターゲットに対するフックサイズの間違えさえしなければ折れるようなことはまずないですかね。

 それくらい優秀なフックが多いと言われています(これはプロの方々も言ってますねー)。

ジグパラ

 とは言え、忘れてはいけないのが、フックは消耗品であるということで、ダメだと感じるようなことがあればすぐに交換することをオススメします。

 特に一度使用したものは勿体無い気もしますが、替えてしまう方が無難だと思います。

 ま、ハマチ相手だとそれほど気にしなくてもいい気もするのですが、もし、良い魚が当たったときに泣きを見るかもしれませんので、備えあれば憂い無しってことですね。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。詳細先はこちら

Page top icon