2020/03/24に追記修正しました

ショアジギはシーバスロッドじゃ無理?

 たまに遊ぶ程度で、ハマチクラスを狙うための軽めのジグであれば、シーバスロッドでも問題ないと思います。

 ただ、専門的に狙うのであれば、ブリなどの大型も混じる可能性があるのなら、シーバスロッドはおすすめしません。

シーバスロッドは正直おすすめしない

 とりあえず、ショアジギングをやってみたいというのであれば、最初はシーバスロッドでも遊べるかと思いますし、釣れるか釣れないかで答えるなら、十分釣ることも可能だと思います。

 もちろん、そのシーバスロッドの特性をよく分かっているベテランさんが扱うのであれば、ショアジギングロッドとして兼用するのは大丈夫だと思います。

シーバスゲット

 ここで言うのは、あまりロッドの特性を理解していない初心者の内は、シーバスロッドでショアジギングをするのはオススメしないっという意味です。

パワーが足りないモデルが多い

 シーバスロッドもライトなものからヘビーなものまでたくさんあるので、全てがダメというわけではありませんが、一般的なシーバスロッドのスペックで考えれば、ジグを使える範疇ではないモデルも多く、パワー不足感は否めません。

 当サイトで紹介しているハマチのみのショアジギングであれば、問題ないモデルも多いですし、ファイトでもそこまで問題になることはないとは思います。

 ただし、万が一良いサイズのブリが掛かった場合、魚に良いように走られまくってしまうなど周りの人に迷惑がかかるようなこともあるので、あまりにもライトなシーバスロッドはNGというわけです。

ショアジギに使えるシーバスロッドのスペック

 一般的な9フィートくらいのミディアムクラス以上のシーバスロッドなら、30g以下のジグなら何とか使えると思います(詳しくは自分のロッドのスペックを見てください)。

 オススメのスペックは以下くらいのモデルかなぁと思います。

  • 9フィート以上の長さ
  • ミディアムヘビー以上のクラス
  • ルアーウエイトが30gまでを扱えるモデル

 最近のロッドはかなり高性能なモデルが多いので、多少のウエイトオーバーでも極端なジャークやシャクリをしなければ大丈夫だと思いますが、やはりショアジギ専門ロッドには敵わない部分が多いですね。

 ロッドが破損したら泣けるので、長くショアジギングを楽しむつもりであれば、専用ロッドの購入をオススメします。

ショアジギングのロッド選びの注意点

 ショアジギング専用ロッドをいざ買おうと思っても、ショアジギングロッドのスペックって結構幅広いんですよね。

 それこそ近海で小魚と遊べるモデルから、磯場でヒラマサ狙うモデルまであるので、選びきるまで悩みますねー。

ショアジギングロッド

 ってことで、ここではショアジギ専用ロッド選びのポイントを紹介していきます。

ハマチ狙いなのか、その先も狙うのかを決める

 ロッド選びをするよりも前に、まずは1つ決めておきたいことがあります。

 ハマチ狙いを中心にショアジギロッドを選ぶのか、ハマチ以上のサイズも狙うためのロッドを選ぶのかです。

ライトショアジギングロッドでブリ

 要はライトショアジギングロッドなのか、通常の大型魚も狙える割とガチなショアジギングロッドを選ぶのかということです。

 どちらのモデルを選んでもハマチなら余裕で釣ることができますが、それ以上のターゲットを狙うとなると、ルアーウエイトの幅やロッドのパワーが力負けしてしまうケースが出てきます。

 ちなみに上のブリの写真はライトショアジギングロッドでゲットしたのですが、足場もよく、根もない堤防ポイントだったためキャッチできただけです。磯場だと獲れてないですね^^;

ハマチ狙いのショアジギングロッドのスペック

 ハマチ狙いのショアジギングロッドだと、

  • 9~10フィートの長さのロッド
  • ジグウエイトが30g前後まで扱えるロッド
  • 1~2号くらいのPEライン適合ロッド
  • ライトショアジギングに分類されるロッド

 この辺りくらいのロッドで十分対応可能だと思います。

太刀魚サゴシハマチをゲット

 上の写真くらいのサイズのターゲットがメインになるかなと思います。

 つまり、このクラスのロッドだとメバルやカサゴ、サバなどの小型ターゲットを狙うのはやや難しく、逆にブリやカンパチなどの大型ターゲットがかかると振り回される可能性が高いです(ゲーム性は増しそうですが、笑)。

 あまりライトなタックルは周りに迷惑がかかるので、大型が掛かる可能性があるなら、もう少しパワーのあるモデルにしいた方が良いということは頭に入れておいてください。

ハマチ狙いのおすすめライトショアジギングロッド

 完全に個人的なオススメになるのですが、最初にハマチのショアジギングを始めようという感じであれば、ライトショアジギングロッドが良いと思います。

 通常のショアジギングモデルだとハマチサイズだとあまり楽しめないことがあるので・・・。

 で、その中でもメジャークラフトのロッドがコスパも良いので初心者さんにオススメです。

ソルパラ SPX-962LSJ

 メジャークラフトのライトショアジギロッドの中で最もお安いロッドです。

 足場の良いポイントでオススメのモデルで、ハマチくらいの中型青物までに調度いい1本です。

 ブリクラスでも戦えますが、ちょっと大変になる可能性があるので、大型も視野に入れたいなら通常のショアジギングロッドがおすすめかなと思います。

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~2.5号 ジグ:20~60g

クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいては定番となるモデルで、堤防、サーフや地磯などさまざまなフィールドで使えるロッドです。

 比較的足場の良い場所で最も活躍するモデルで、ハマチくらいのターゲットに最適なロッドです。

 ブリクラスでも戦えますが、ちょっと大変になる可能性があるので、大型も視野に入れたいなら通常のショアジギングロッドがおすすめかなと思います。

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~2.5号 ジグ:30~50g

 ちなみに色んなメーカーのライトショアジギングロッドを見てみたいと言う方は以下からどうぞ!!

その先も狙うなら一般的なショアジギロッドがオススメ

 こちらもコスパ重視で考えて、メジャーフクラフトのショアジギロッドがおすすめだと思います。

 ジグ以外のルアーも扱えますし、ロッドの長さ、パワーともにあり、幅広いシーン、幅広いターゲットを狙うことができるロッドだと思います。

ソルパラ SPX-962MH

 メジャークラフトのショアジギロッドの中で最もお安いロッドです。

 ショアジギングで最も中心的に使用する40gからのジグに合わせたモデルで、長すぎないので初心者にも扱いやすいロッドです。

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~2.5号 ジグ:40~80g

クロステージ CRX-962MH

 ショアジギングロッドとしては定番モデルとなるクラスのロッドで、堤防、サーフや地磯などで使えるロッドです。

 ブリクラスのヒットでも慌てない程度のパワーのあるモデルで、色々な誘い方で青物を狙えるロッドです。

長さ:9'6” 自重:??g
PEライン:1.0~3.0号 ジグ:40~80g

 ちなみに色んなメーカーのハマチ以上も狙えるショアジギングロッドを見てみたいと言う方は以下からどうぞ!!

 ただ、これはロッドメーカーに無関係な話ですが、ハマチメインとなると通常のショアジギングロッドはパワーがあるので、やり取りが物足りなく感じるかもしれません。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。販売ページはこちら

 ステッカーはメルカリにて販売中にゃ。

Page top icon