2020/03/24に追記修正しました

ショアジギングは難しいのか

 釣りはやったことがない人からすると仕掛けが複雑で難しいというイメージを持つ人が多いのですが、ショアジギングに関して言えばかなりシンプルで簡単な釣りです。

ショアジギングは釣り初心者でも簡単にできる

 ショアジギングはタックルと基本的な知識さえあれば、初心者でも十分できる釣りの1つだと思います。

釣りの初心者マーク

 最初の1匹を釣るまでの試行錯誤はあるかと思いますが、基本が投げて巻くだけの釣りで複雑さが少ないからです。

 もちろん、簡単とはいえ経験の差も出ますし、細かいコツなんかはありますが、ロッド(竿)、リール、ライン(糸)、ジグ(ルアー)の4つの道具と、釣りたいという強い意志さえ折れなければOKという手軽さが良いですね。

釣り経験があればほぼ困ることはない釣り

 もし、エサ釣りでも何でもいいので、釣りの経験がある人なら、ショアジギングには驚くほど楽に馴染むことができます(ただしすぐに釣れるとは言ってない)。

 さらにその釣り経験がバス釣りとか、シーバス釣りとかのルアーゲームだったらもうほとんどそれと変わらないと言っていいくらいだと思います。

バス釣りの経験

 ショアジギングと比べると、バス釣りやシーバス釣りの方が、細かなルアー選択やルアー操作を必要とするので、初心者にとってはそっちの方が難易度が高いかもしれません。

 だってショアジギングは最初からジグ一択で、海に向かって思いっきりブン投げるだけの釣りですので・・・。

 あとは体力が続く限り、投げて巻いて、また投げて巻いてを繰り返すのみで、いつかハマチにヒットするはずーってくらい簡単な考えてOKの釣りです。

エサ釣りよりシンプルな仕掛けで絡みにくい

 エサ釣りにも色々ありますので、一概には言えない部分もありますが、少なくともショアジギングの仕掛けは、エサ釣りの仕掛けよりシンプルな仕掛けです。

 釣りに苦手意識を持ってしまっている方の大半は仕掛けが絡んでしまうことに苦手意識を持っているんだと思います(たぶん)。

餌釣りの仕掛け

 エサ釣りの中には、浮きやシモリなど、細かい仕掛けが多く、絡まりやすかったり、糸が切れてしまった場合のリスタートが大変なものも多いので初心者さんにはハードルが高いものも多いです。

 でも!!ショアジギングは、メインライン(PEライン)にリーダーライン(ナイロンラインかフロロライン)を結び、その先にジグ(ルアー)を結ぶだけで、はい、釣り開始です!!

 家で準備をしてきたらもう車からタックルを出すだけで釣り開始ですし、現場で準備を始めたとしてもあっという間に釣り開始となります。

車を降りたらすぐに釣り

 手先が器用な方はエサ釣りの仕掛けを工夫したりして釣るのが楽しいところでもあるのですが、釣り初心者にとっては仕掛けが複雑なのはトラブルの原因にしかならないんですよね。

 ただ、最低限、PEラインとリーダーラインを結べるようになっておく必要はありますけどね。

 PEラインとリーダーラインを結ぶことが苦手な方は、結束機というアイテムもありますので、そっちを使うことでより手軽に釣りを楽しむことができますよ。

ラインツイスター

 PEラインとリーダーラインの結ぶ方法が分からない、できない、手間だという方にオススメなのがこのラインツイスターですね。

 このラインツイスターはできない人のためのアイテムではなく、ベテランさんでもきっちりラインを結びたい方が愛用していますので、使うことが恥ずかしいとかはないですよー。

最初はベテランさんに教えてもらえば上達しやすい!

 それなりに釣り経験がある方は独学でもショアジギングは十分ステップアップしていくことができますが、釣り初心者というのであれば、ベテランさんに教わるなり、連れて行ってもらうなどする方が上達が早いです。

2つのジグ

 特にポイントの特徴や潮周り、どんなジグが良いのか、どんなカラーなのか、どの時間帯なのかなど、経験でしか分からないこともあるので、まずはそれを教えてもらうのが一番手っ取り早いのです。

 教わる方がいないのであれば、釣具屋さんやネットでの情報、昨年度の様子なんかをできるだけ調べておきたいですね。

 ショアジギングは釣り経験だけでなく、情報戦という側面もあるのです。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。詳細先はこちら

Page top icon