2019/08/07に書きました

マヅメの時間帯=日の出入り前後1時間のこと

 マヅメの時間帯とは、日の出前後の1時間と、日の入り前後の1時間のことで、全部ひっくるめると1日で4時間ほどある時間帯のことですね。

 ただ、あくまでもこのマヅメという時間帯は目安というところでもあり、その日の天候や光の量、潮の流れによっても変動します。

 マヅメの時間帯であっても、潮止まりの時間帯と重なればアオリイカを釣り上げることは難しくなると思います。

マヅメの時間帯が狙い目で釣りやすい

 アオリイカは基本的に条件さえ満たせば、一日中釣ることができます。ただまぁ、釣りやすい、釣りにくいは当然あるわけですが。

 この釣りやすい時間帯で、毎日訪れる時間帯がマヅメというわけです。以下に朝マヅメと夕マヅメの特徴を簡単に紹介しています。

朝マヅメと夕マヅメの特徴
朝マヅメ 真っ暗な状態から、徐々に徐々に薄明かりが射し始め、アオリイカの活性も上がってきます。
大型アオリイカを狙うのであれば、この時間帯がオススメです。
ただ、日が昇ってくるとどんどん釣りにくくなってくるので、ゆっくり釣りはできない感じです。
夕マヅメ 明るい状態から、徐々に暗くなってきて夜行性のアオリイカが活動を始めます。
それまで食いがあまり良くなかったとしても、暗くなってくるに急に良くなってくることもあります。
完全に日が落ちてからもアオリイカは狙えますので、気長に釣りを楽しめる時間帯でもあります。
大型、小型、良型と色々狙えるのも魅力です。

初心者は明るい時間帯の方がエギングしやすいこともある

 マヅメの時間帯がアオリイカを釣りやすいことは間違いないのですが、初心者の場合薄暗いマヅメの時間帯に釣りをすること自体が難しかったり、分かりにくかったりすることがあります。

朝日が昇るころ

 暗い時間帯では慣れないPEラインのトラブルが起こったりしやすいし、エギがどういった動きをしているのかも分かりにくいです。ラインが張っているのか、潮はどちらに流れているのかなど、暗いと色々が分からなくて釣りをしている実感が掴みにくいということも多いです。

 こういう場合は、日中の明るい時間帯に釣りをする方が狙いやすいこともあるわけです。

潮周りと同調したマヅメが一番最高!

 マヅメの時間帯が一番良い時間帯で、更によりよくなるのが満潮や干潮などの潮周りが同調したマヅメです。

マヅメの時間帯

 日の入りや日の出の前後一時間以内に満潮や干潮の時間帯が重なるならば、最高のマヅメの時間帯になると思います。潮見表とにらめっこして釣りに行くのに良い日を探してみるのも楽しみの一つかと思います。

 但し、いつも行ってるポイントが満潮がいいのか、干潮がいいのか、潮に無関係なのかは見極めておく必要はありますので、ご注意を。

このページで言いたかったこと

 どんな釣りでもそうかと思うのですが、朝と夕のマヅメの時間帯はかなりオススメです。

 とはいえ、夕マヅメの時間帯はどんどん暗くなってきますので、夜釣りになれていない方にはちょっと難しくなる可能性があります。

 また、マヅメの時間帯に潮が同調するとかなり釣りやすい状況になることもあるので、潮見表もしっかりチェックしてから釣りに行きたいですね。

top icon Page top icon