根がかりを恐れてエギングできていないから釣れない

 テトラのあるポイントでは比較的手前までしかテトラが入っていないようなところと、かなり沖までテトラが敷かれているポイントがあります。

 こういったポイントでは根がかりをしてしまうことが多々あるかと思うのですが、エギを根がかりでロストしてしまうことを恐れて、しっかり底を取ることができていないフォールさせる時間が短くなってしまっている、などが理由でアオリイカにしっかりエギをアピールできていないかもしれません。

テトラの間際

 そもそも、底を取らなくともアオリイカを釣ることは可能なので、一度底までのカウントダウンを数えておき、それよりも短いタイミングでシャクリ始めるのも1つの手段です(少し難しいですが)。

 また、それでも根がかりが怖いのであれば、思うような釣りができていないわけなので、テトラではないポイントでエギングをする方が潔いですね。

 アオリイカはテトラでなくとも釣ることができるターゲットです。場所を変えて、根がかりしにくいところで気持ちよく釣りをする方が精神的にも楽だと思います^^

ポイントまでエギが届いていない可能性がある!

 他にも可能性が考えられるのですが、1つはアオリイカの潜むポイントがロングキャストでしか届かない距離にある場合です。

 エギのサイズを落としすぎて届かない、風が強く届かない、流れが速くしっかり着底する前に違うところに流されている、などなど、色々な理由が考えられます。

 とはいえ、エギのサイズを上げる、シンカーをつけるなどで対応することができるかもしれません。フォールスピードが、エギのサイズが、など色々思うところはあるかもしれませんが、イカのいるところに届いていないのであれば話にならないわけです。

シンカーを付けたエギ

 それとは逆に、ポイントがテトラの足元付近にある場合です。アオリイカはテトラなどの傾斜あるポイントに付きやすいです。

 沖へ沖へとエギをキャストしたとしても、ポイントが足元のテトラ際であった場合は、ロングキャストはまったくの無意味となるわけです。

 足元はテトラが見えるので、余計に着底させにくくなってしまったりすると思うのですが、底しっかりエギをフォールさせていない場合、こういう理由で釣れないことがあります。

満潮のときは釣れないポイント、干潮のときは釣れないポイント

 満潮と干潮が大きく影響するポイントも結構あります。満潮のときにはポイントとなるブレイクラインが届かないようなポイントである場合です。

 こういったポイントはテトラやゴロタ石ポイントに限らず、他のポイントでもあるわけですが、遠浅のポイントに多かったりします。

ゴロタ石のエギングポイント

 とはいえ、干潮のときに釣れないポイントもあります。写真のように、干潮のときにポイント自体が干上がったり、浅くなりすぎてアオリイカが付いていないような場合です。

 テトラ周辺がアオリイカポイントであるのに、そこが干潮によって潰れてしまうと当然釣れないわけです。

top icon Page top icon