2019/08/07に書きました

まだまだ新子が小さすぎることが理由で釣れない

 秋の新子シーズンが始まったー!っと思って勇んで釣りに出かけても、あまりにも行くのが早すぎると新子が小さくてエギに興味は示すけど、抱くほどではないっということがあります。

アオリイカよりエギのほうが大きい

 2.0号以下のエギも販売していますが、かなり軽いし、釣ってもリリースサイズだしと、もはやエギングを楽しめるのかどうか怪しく感じるくらいの釣りになってしまいます。

 追ってきたアオリイカが小さすぎる場合、それを釣ろうと粘るよりも別なポイントを攻めることを考えた方が良いですね。

スレているポイントで粘ってもなかなか釣れない

 秋の新子シーズンは普段は他の釣りをしている人でもエギングをしだす人もいるくらい有名なものになってきました。

 特に名のあるポイントでは入れ替わり立ち代わり人が入ったりしているのでいくら新子と言えどもスレているケースがよくあります。

スレたアオリイカの子どもたち

 秋の新子シーズンでは1箇所で徹底的に粘るよりも、スレていないフレッシュなアオリイカのみをさっさと狙っていく感じでランガンしていく方が秋の新子シーズンらしくていいと思います。

 どうせ粘るんだったらモンスター級のアオリイカの方が良いですよね^^

 人が多すぎる状況では、A級ポイントよりもB級、C級のポイントの方が釣り荒れていることが少なく、また人も少ないので色々なポイントを狙ったりすることもできるのであえてB級ポイントから攻めるというのも手段です。

 私は周囲にエギングをしている人がほとんどいないようなポイントでエギングをしたりしていますが、アオリイカが集まる条件さえしっかり満たしていれば、しっかり釣ることができますよ^^

水質、潮の良し悪し、自然環境が原因で釣れないこともある

 釣り人の釣れなかったときの言い訳ベスト1かもしれませんが、潮の影響(赤潮、苦潮)水質の影響急な冷え込み大雨が原因でまーったく釣れなくなるようなことも多々あります。

赤潮の影響でアオリイカが釣れない

 こういうときはさっさとポイントを変えるか、家に帰ってまた次の機会を狙ったほうが良いかもしれません・・・っというのは頭ではわかってますが、色々抵抗してしまいますよね、苦笑。

 こういうときは釣り人側でできることは少ないので、集中して1ヒットを逃さないように努力するしかありませんね、苦笑。

秋の新子数釣りはエギングの基本が詰まっている

 ここまでのことを踏まえて、秋の新子数釣りエギングの楽しみ方を書くとすると・・・。

秋の新子エギングの楽しみ方

  • エギは2.5~3.0号を用意する
  • 人が多すぎるポイントは避けるのも良し!
  • 小さい、スレてるなどの理由で釣れないときは移動
  • 数釣りができるとは言え、良くない日もあるので諦めも肝心!

 ってところですかねー??細かく言うと他にも色々ありますが、とにかくランガンが大切だと思います。釣れる新子をどんどん拾っていきましょう!!

このページで言いたかったこと

 秋のエギングは初心者におすすめできるほど簡単と言われることも多いのですが、相手は自然、釣れない日もあるし、条件が悪い日もあるわけです。

 釣れない原因を見つけられれば、釣ることも可能ですが、原因が分かったからと言って釣れないということもあるので、見切りも大事ですね。

top icon Page top icon