釣れないエギを作り出しているのは釣り人

 釣れないエギというものは基本的にありません。状況に応じたエギを使っていないことからこのエギは釣れない!っと釣り人側が勝手に思ってしまうことから釣れないエギというものは生まれます。

 極端な例になりますが、ゆっくりしたフォールが良い日にスーパーディープタイプの即沈系のエギを使うと釣れる確率は下がりますし、2.5号サイズのエギが良い日に、4.0号のエギを使用しているようなケースでも、釣れる確率は下がりますよね。

 釣れるエギ、釣れないエギを選んでしまっているのは釣り人側の問題というわけです。

沈下(フォール)速度でエギを使い分ければ釣れる!

 状況によってエギを使い分けることが大切だと思っているのですが、基本的には沈む速度を中心に組み立てればいいと思います。

フォール速度でエギを選ぼう

 エギのサイズのことは他のページで紹介しますので、ここではエギの沈下速度のみに焦点を当てて解説していきます。

 また、初心者さんはとりあえずノーマルのエギから慣れるようにするか、釣具屋さんや釣れている人の使っているエギを聞いてみるのが手っ取り早いと思います。

 ここでは沈下速度中心の話なので、ヤマリアのエギシリーズで統一して紹介したいと思います。

フォールタイプ別!エギ一覧
ノーマル系(3.5号:沈下速度約3~3.5秒/m)
よほどの深場や潮の流れが速いポイントでない限り、ノーマルのエギのみでも十分釣りにはなると思います。
最初はこの3.5号のノーマルのエギを基準に慣れていくと良いと思います。
シャロー系(3.5号:沈下速度約5.5~6.0秒/m)
浅場が中心の状況で最も力を発揮するエギです。
浅場以外でもスローな釣りが有効なときや、相手がスレたアオリイカの場合にも使うことがあります。
ディープ系(3.5号:沈下速度約2.3~2.7秒/m)
深場で最も力を発揮するエギで、遠投性能も良いものが多くポイントが遠い場合にも使えます。
底付近に張り付いている大型アオリイカにアピールするのにも適しています。
また、水深はなくとも潮の流れが速いポイントでも流されることなく使えるエギです。
スーパーディープ系(3.5号:沈下速度約1.3~1.7秒/m)
水深もあるし、潮の流れも速い、さらには風も強いときと、かなりの悪条件でも使えるエギでした。
ディープタイプでも釣りにならない、なりにくいときに使うと良いエギですが、もう廃盤ですかね、最近見かけませんね。

大体のエギのフォール速度

ラトル入りのガラガラいうエギ、本当に釣れる

 数年前より、ラトル入りのエギが販売されるようになっていますが、使ったことはあるでしょうか??

 何となくガラガラうるさいとアオリイカが警戒して散ってしまいそうなイメージもあるラトル音ですが・・・。

 結論から先に書くと、ラトル入りのエギは普通に釣れます!

ラトル入りのエギも釣れる

 ただ、通常のエギと比較してどっちがどうということはできないかなぁと言う感じはします。

 ラトル音が効く日と効かない日がはっきりと分かれているように個人的には思います。

 特にアオリイカの新子に対しては効果的な印象が強く、ラトル音で寄せておいて、ラトル音のないエギでサイトエギングで仕留める!っといった戦法を使っている人をよく見かけます。

ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチ

 ラトル入りのエギといえばこれだと個人的に思っています。2.5号、3.0号のエギを中心にタックルボックスには常に入れていて、アオリイカの活性が高いときを中心に使用しています。

 行きなれたポイントでは一番最初に使うこともありますが、新ポイントでは最初には使わないようにしています(何となくですがw)。

足のあるエギ?イージーキューのパタパタは釣れる

 発売当初、こ、このエギはー!!っと思っていたエギの1つですが、1年以上買うこともなかったです、すみません・・・。っというエギなのですが、最近ようやく買って使ってみました。

 ジャークやシャクリなど激しめのアクションをするならこのエギじゃなくても良いと思うのですが、前に前にスローに、カーブフォールでナチュラルに、っといったシーンでは結構使えるなぁというのが印象です。

DUEL イージーキューキャスト

 スローなアクションが有効なときに使えるエギの一つです。

 個人的には遊びの1つとして持っていますが、これをファーストエギとしてズル引きメインで使用している方もいるくらいです。

 ある程度爆発力のあるエギですが、ある意味では少し特殊なエギとも言えるので、遊び心のある方は買ってもいいかもです!

YAMASHITA エギーノぴょんぴょんサーチ

 アオリイカが釣れないと悩んでいるエギング初心者さんにぜひ使ってみてほしいエギがこちらです。

 竿先でぴょんぴょんぴょんと3回軽く跳ねさせ5~7秒待つ。を繰り返すだけで釣れてしまうというコンセプトのエギです。

 こちらのエギも大きな動きではなく、スローな釣りを中心としたエギングになります。

top icon Page top icon