2019/08/07に書きました

ジャークは横へ横へ誘う釣り

 縦の動きではなく、エギを横へ横へと動かしてアオリイカを誘い出すシャクリ(?)方です。

 バス釣りや管理釣り場のニジマスを狙うときに使うトゥイッチとよく似たアクションのつけ方で、ピッピッっと言う具合にメリハリある動きをさせるのが特徴です。

ジャークは横のエギング

 アオリイカにエギをエギだと認識させる前に釣り上げてしまうテクニックで、特に活性が高いときにおすすめで、低活性やスレたアオリイカにリアクション的に抱かせることが可能です(極度にスレやすいので一発勝負)。

ジャークが効果的なタイミングは高活性時

 とはいえ、いつでもどんなときにでもジャーキング(ジャーク)が有効なのではありません。効果的なタイミングで使ってこそのアクションです。

 この下の項目でも紹介しますが、多用すればどんどん釣れなくなる諸刃の剣でもあります。

ジャーキング(ジャーク)が効果的なタイミング
高活性時 アオリイカの活性が高く、数釣りが望めそうなタイミング
サイトエギング 狙っているアオリイカがこちらから見えているとき
表層にいる アオリイカが釣れるタナがかなり表層にあるとき
低活性時 条件次第にはなるのですが、アピール力が強いジャーキングは活性が低いアオリイカにスイッチを入れることも可能です

スレやすく多用するとどんどん釣れなくなる

 ジャーキング(ジャーク)はアオリイカに強烈なアピールをすることができます。

 しかし、反面、警戒心を強く与えてしまうものでもあり、多用は厳禁です。

ジャークはスレやすいのが弱点

 同じポイントで何度も何度もジャークを繰り返していると簡単にアオリイカはエギを見切り、スレてしまいます。

 できるだけここぞっというタイミングで使用し、一発でアオリイカを誘い出したいところです。

 反応がなかったらポイント移動するようなランガンスタイルにおすすめの釣り方だと言えますね。

サイトエギングではジャークやトゥイッチが使える!

 日中のサイトエギングでランガンするため、1つのポイントにさほど時間が使えないようなシーンで、ジャークやトゥイッチでささっと調査していくときなんかは一番使えます。

 特にサイトエギングが中心となる秋の子イカエギングにおすすめです。

トゥイッチと新子

 数投以内のジャーキングやトゥイッチでアオリイカが追ってくるのが確認できたら、そこから通常のエギングをするといった類の戦法です。

 ジャークやトゥイッチはあくまでもチェックでアオリイカの存在確認をするだけ、釣ってしまおうという戦法ではありません。

 あくまでも寄せてること、探すことを主眼に置いて、抱かせるのはフォールという考え方です。

このページで言いたかったこと

 エギングは基本的にシャクりとフォールを中心とした縦の釣りであることが多いのですが、横の釣りでも釣れるパターンがあることを知っておくと爆釣に出会えるかもしれません。

 縦の釣りよりも確実にテンポよく釣りが展開できるので、ランガンスタイルが好きな人にはもってこいだと思います。

top icon Page top icon