2019/08/07に書きました

最初の内は2段シャクリを中心にしよう

 細かく考えると、色々なシャクリ方があるのですが、最初は2段シャクリを覚えると他のシャクリ方も流れで覚えられると思います。

2段シャクリはエギングの基本

 2段シャクリのやり方は至って簡単。下げたロッドを2時くらいまで跳ね上げる。その後、糸フケ(ラインスラッグ)を少し巻き取り、続けて12時の方向くらいまでロッドを跳ね上げると2段シャクリの完成です。

 そのあとは糸フケ(ラインスラッグ)を巻き取りラインを張ってアタリを待つのが基本となります。

 アタリを待つ間隔は使っているエギのサイズや水深にもよりますが、意識的に長めにとるようにすると良いでしょう。

底付近を狙いたいときは1段シャクリで大丈夫!

 状況によってはアオリイカがボトム付近に張り付いていることがあります。

 こういった状況では上に跳ね上げすぎたところで、アオリイカがそのタナに居ないのであまり効果的じゃないことがあります。

底狙いのエギング1シャクリ

 こういうときは1段シャクリのみにして、エギを跳ね上げさせないようにすることが良いですね。やり方は2段シャクリの1回目のシャクリだけでやめると完成です。

 ベタ底にアオリイカがいる状況では、底をズル引きするというのも作戦の1つですが、この辺りはシャクリとは別の話なのでここでは書きません。

高く跳ね上げたいときは多段シャクリを使う!

 水深がかなりあるポイント、できるだけ高く跳ね上げてフォールを主体に誘いたい場合などは、多段シャクリで高く跳ね上げるシャクリ方が良いことがあります

多段シャクリで高くエギを上げる

 ただ、多段シャクリを繰り返しすぎると、エギが余計にこちら側に寄ってきてしまい、誘いをかけられる距離が短くなってしまうこともあります。多用することはおすすめしません

 やり方は下げたロッドを3時、1時、12時と3段階に分けてシャクったり、2段シャクリを連続して2回行ったりしたりします。

 これ以外にも色々な方法で多段シャクリをやっている人を見かけますが、それでその人が釣れているのであれば、どれでも良いとは思いますが、基本からあまり離れたシャクリを行ってもあまり良いことはありません。エギが手前に寄りすぎてしまうだけです。

シャクリすぎにも要注意!間隔を開けよう

 極端な例を挙げるとすると、あまりに体をそらせてシャクリすぎるのはロッドに過度な負担がかかりやすく、最悪破損してしまうこともあります。

 しゃくりあげるときのロッドの角度は12時までを目安にするといいと思います。

エギングはシャクリすぎも良くない

 また、上でも書いたように、多段シャクリは多用しすぎるとエギがこちら側に寄ってくるのが早くなってしまいますので、誘いをか欠ける距離が短くなってしまいます。

 普通にシャクっていれば釣れるのに、シャクリが多すぎて釣れなくなっているようなケースもあると思いますので、最初の内は2段シャクリを基本軸に組み立てていくといいと思います。

 アオリイカはエギが沈んでいくアクション(フォール)に反応することが多いので、シャクリを意識するよりはシャクリ後の待ち時間を意識的に取りたいですね。

このページで言いたかったこと

 エギングにおいてシャクリは最も基本的な動作になると思うので、ここは全力で覚えておきたいポイントです。

 シャクリ方も個人個人クセやリズムが違いますので、このページに書いてることが全てではありません、自分のシャクリを身につけるためにもまずは基本の2段シャクリを覚えておきたいです。

 また、シャクりすぎもどんどんエギが手前に寄ってきてしまうだけなので、ストップやステイも入れつつのシャクリが重要です。

top icon Page top icon