2019/08/07に書きました

春先の浅場(シャロー)は暖まりやすく大型も入る

 春先の浅場は水深が浅いので、太陽光によって水温が上げられやすく、深場よりも浅場の方が海藻の育ちが良いことがあります。

 こういった海藻が茂る浅場には産卵場を求めて大型のアオリイカが思いもよらないくらい浅場に入り込んできていることがあるのです。

浅場のホンダワラ

 この産卵を意識して浅場に入ってきたアオリイカは、エサをとることに興味がないものが多くので、速いアクションでリアクション的にエギを抱かせる必要があります。

 具体的なアクションとしては横へ横へのダートアクションが有効と言われています。(と、いうよりも浅場では縦のアクションやフォールはほとんどできないケースが多い)。

 ただ、横へのダートアクションはスレやすいため、1発2発で抱かせない限りそれ以降は逃げられてしまうようなこともあるため、ポイントをランガンで攻めていく方が効率が良いです。

※注意※
 春の深場ポイントに入ってくる大型アオリイカを狙うのであれば、1箇所で粘ることは意味があります。浅場の狙い方と深場の狙い方は同じシーズンでも考え方がそもそも異なるので間違えないでくださいね^^;

春先の浅場は3.5号から上のエギがおすすめ

 状況や入ってきているベイトやアオリイカのサイズにもよりますが、3.5号のエギを中心に備え、上は4.5か5.0号くらいまで用意しておいてもいいかもしれません。

 浅場の大物狙いに個人的なおすすめのエギは下に紹介するダートマックスです。

エギリー・ダートマックス 3.5号

 メーカーさん曰くですが、従来のエギとは全く異なる次元のダートアクションを生むらしいです。

 異次元のダートかどうかはともかく、少なくともカラーバリエーションとフラッシング効果はかなり強みだなぁと思っています。

 また、最近4.0号も発売されたので大型のみが狙いの方にはおすすめだと思います。

秋口の浅場(シャロー)は新子エギングが中心

 春先に海藻のあった浅場は産卵床であり、新子が次々と生まれてきます。そして、ここから旅立つ新子もいるのですが、この中で大きく育つ新子もいますので、やはりここは秋の好ポイントになることが多いです。

秋の新子

 春先同様に水温が上がりやすいポイントであり、その分だけ新子の成長も早く他のポイントよりも大きな新子が釣れることがあります。

 秋口の狙い方としては、春と同様にダートでどんどん狙っていくことも当然ありですが、エギのサイズをやや落として、シャロータイプのエギでスローに誘っていくのも手です。

 それほどフォールを取れるわけではありませんが、新子相手であればこの狙い方もありになります。

エギ王Kスーパーシャロー

 安定したスローフォールをすることができるエギで、スーパーシャロータイプでは1mを8秒間かけてゆっくりフォールします。

 シャロータイプもあり、こちらは1mを6秒間でフォールするエギで、どちらがどうということはないのですが、状況に応じて使い分けたいですね^^

秋口は2.5号くらいのエギも視野に入れておこう!

 3.0号で乗ってくるのであれば、それ中心で問題ないのですが、3.0号では乗ってこない場合の対策法として、2.5号のエギも持っておきたいところです。

 特にシャロータイプやスローフォールタイプのエギを用意し、小刻みにリフト&フォールを入れていくのがおすすめです。ただし、エギが小さいので、大きなシャクリで海からエギが飛び出すことのないようにすることが大切です。

エギマル 2.5号 シャロータイプ

 秋のシャローエリア用として発売されているのが、こちらのエギマルのシャロータイプです。

 かなりスローなフォール(デッドフォール)をすることができるので浅場では特におすすめですが、浅場だけでなくとにかくフォールを見せたいときに使えるエギです。

top icon Page top icon