キロアップを狙うなら春先が一番オススメ!

 キロアップのアオリイカをメインで狙いたい!!っというのであれば、シーズンは必然的に春先になるかと思います。

キロアップのアオリイカ

 産卵を控えた親イカが接岸してくるシーズンに、産卵場となる海藻のあるポイント、もしくは海藻のあるポイントへ入ってくる通り道となるポイントを狙うのが定石です。

 どちらを狙うにしても、潮通しの良いというところが基本条件になります。

ポイントごとの狙い方の違い
海藻のあるポイント 海藻のあるポイントに入ってきたアオリイカは基本的にエギに興味を示しにくいアオリイカが多いです。
エギをエサとして抱かせるのではなく、反射的に抱かせるようなリアクションバイトを狙うダートアクションが基本になります。
派手なアクションを2~3度見せて、それで抱いてこないのであれば、次のポイントへ行くくらいの覚悟で挑みましょう。
海藻のあるポイントへ入ってくる通り道 こちらは通り道なので、ある程度フレッシュな、そしてエサにもまだ興味があるアオリイカが入ってくるポイントになるので、長期戦も可能なポイントです。
回遊待ちの狙い方になりますので、粘り強さが必要になるかもしれませんが、狙い方は基本のエギングで大丈夫です。
ハマれば連発もありうるので、個人的にはこちらの狙い方の方が好きです。

秋にも釣れないわけではないが狙っては釣りにくい

 キロアップのモンスターアオリイカを狙うのであれば、基本は春先だと思うのですが、秋口にもキロアップが混ざることもあります。

 ポイントの海水温の高さや、エサとなるベイトの豊富さにも左右されますが、早いところで10月後半~11月頃にもなるとキロイカが混ざってきます。

秋のエギング

 通常のエギングをしていれば自然と混ざることも多いのですが、やはり大型はボトムに多い傾向にあります。

 ただし、個体数も少ないですし、警戒心もそれなりに高いので、狙って釣るのは難しくなりますね。

キロ狙いなら春・海藻・3.5号以上のエギ・タモが必須

 他のページでもいくつか紹介していますが、キロアップのみを狙うために必要なことは以下の事柄だと思います。参考までに頭の片隅にでも入れておくといいと思います^^

キロアップのみを狙うために必要なあれこれ
季節 やはり春先のシーズン(海水温が16度越え)が大型が揃っています。
ただし、ボウズ覚悟で挑む必要もあるかもしれません。
海藻 春先は特に海藻のあるポイントや海藻へ向かう通り道など、とにかく海藻絡みのポイントは外せません。
エギ 3.5号以下のサイズに落とさないようにすることが大切です。
サイズが小さくてもキロアップイカは掛かりますが、サイズを落とせば落とした分、小さなアオリイカも抱いてくるようになります。
ランディンググッズ  アオリイカ用でなくともタモアオリイカ用のオートキングギャフなんかで良いので、ランディンググッズはあった方が良いです。
足元まで寄せてオタオタしている間に逃げられるとか精神的に色々きます、苦笑。

キロゲットは通った回数と運が命!

 とは言え、後は運次第というところもあります。前日まで良かったのに行ってみたらダメだった。翌日から良くなった。隣の人がキロアップを掛けた。

 などなど、運を上げ始めたらキリがありませんが、確かにこういうことはあります。

神頼みエギング

 足しげく釣りに通いつめる以外にないのですが、ポンと釣りに行ってポンっと釣って帰ってくるなんてこともありえるかもしれないので、釣りは面白いですね、苦笑。

top icon Page top icon