ブリなどの大型ターゲットは底べったりになりやすい

 ブリなどの大型ターゲットは理由はよくわからないのですが、底に潜む傾向があります。

 特に全体的に活性が低いときは本当に底べったりで、大型ほど慎重な性格もあり、ジグもそこまで追わないことも多いのです。

10kg手前のブリ

 追わない相手に対して、ジャガジャガ巻きやハイピッチジャークはほぼ無効でして、こういう状況ではスロー系ジギングが理にかなっているのです。

スロー系ジギングでの底狙いは理にかなっている

 底に潜む大型のブリ、しかもやる気があまりなくてジグを追わない状況下では、スロージギングがめちゃくちゃ有効になってくるのです。

 大きくしゃくると底からどんどんジグが離れていき、ヒットどころかブリの気を引くことも難しくなるのです。

スロー系のジグ

 底からあまり追ってこないブリに、ハーフピッチやクォーターピッチくらいの移動距離に抑え、そのレンジで誘いからヒットまで持ち込むことが狙いです。

 スロー系ジギングやスライドアクションでその層をじっくり狙うのも1つの手段ですが、毎度毎度ジグを完全に巻き上げて、再度底取りから始めるようにポイントを点で狙っていくのもオススメです。

ただし、高活性のときは話は別

 ただ、いつもいつでも底付近でべったりかというとそうではなく、活性が高い日は何ならTOPにでも出ることすらあります。

 ブリのナブラシーンを初めて見た人は結構びっくりすると思いますよw海の音がものすごいですからww

ブリのナブラ

 上の写真はブリのナブラです、かなりわかりにくい写真ではありますが、もうバッチャバチャで音がものすごいですね。

 こういうシーンでは、ほぼどんなジグでも食ってきますし、中層以上の層でもガンガンにブリクラスが出ることもあるのです。

 まぁこういう場合はジグよりもペンシルやミノーの方が有効ですけどね。

ワンランク重いジグを使うとより底を狙える

 もし、しっかりと底を狙おうと思うのであれば、普段使っているジグよりもワンランク重いジグを使いましょう。

 プロに聞いてみると、水深が50mくらいでもしっかり底でジギングをするなら200gを使いたいということもあるそうです。

サイズアップ

 まぁ、一人だけあまりにも重い300gのジグなんかを使っていたら、お隣さんとオマツリの可能性も出ますので、あまり無理なウエイトアップはオススメできませんが、重いジグは積極的に使いたいところですね。

top icon Page top icon