オススメのジグは行く予定のジギング船の船長に聞け

 これは持論で、おそらく間違ってないと思うのですが、オススメのジグは船長に聞け!です。

 毎日の釣果とお客さんのタックルを見ている船長が言うんだから、まず間違いないですよね。

釣具屋さんのジグ売り場

 釣具屋さんでももちろん教えてくれるとは思うんですが、釣具屋さんはよほど親身になってくれるお店じゃない限り、売れてるジグとかを紹介されたりしますからね^^;

 釣れてるジグ=売れてるジグではないですからねー。

 また、船長はお客さんに釣ってもらわないと釣果情報を載せられないので、集客にも影響しちゃうので釣れるジグをしっかり教えてくれます。

安定して使えるオススメのジグ

Gear lab ファストフリップ 150g

 最初はマイクロフリップという小さめの、タイラバと併用できるようなスプーンのようなジグだったのですが、気が付けばガチガチのジギングで使えるものも販売されました。

 巻くだけでも釣れちゃう系のジグなので、個人的に初心者さんにはオススメしています。マジでこのジグは楽です。

スライド系のオススメのジグ

シーフロアコントロール レクター 180g

 このジグがスライド系かと言われるとそうじゃないかもしれないと感じるところもあるのですが、センターバランスで独特の形状が面白いスライドフォールをするので好みです。

 幅広く使えるジグではあるものの、個人的にはスロー系ジギングで多用しております。

K-FLAT Gummy(ガミー) 160g

 こちらもスロー系ジギングにオススメできるスライドアクション系のジグになります。

 ジャーク幅をあまり大きくとらず、食わせの間を多くするイメージで潮がらみさせるイメージでジギングをするとブリに猛烈にアピールできます。

おすすめのロングジグ

ダイワ KYジグ 150g

 元々はヒラマサ専用の攻略ジグだったかと思うのですが、フォールも早く、引き抵抗も抑えられた立ち上がりの早さがウリのジグです。

 とにかく丸一日使い続けても、同じ重さのジグと比べて疲労度が違うので、好みのジグです。

シャウト スライドアクター 160g

 こちらもスロー系ジギングにオススメのジグで、軽いジャークで驚くほどの自走をみせるところが人気の秘訣です。

 上のスライド系ジグとしても紹介できるくらいスライド系のジグなのですが、ロングジグなので、こちらで紹介しました。

top icon Page top icon