ワンピッチジャークの基本は1シャクリ1リーリング

 ジギングで最も基本とされるシャクリがこのワンピッチジャークですね。

 YOU TUBEなんかで検索したらシャクリ方講座みたいなのがあるので、チェックしてみると分かりやすくていいと思います。

 上の動画を見てもらっても分かる通り、基本的な動作は、ロッドをシャクリ上げたときにリールのハンドルも上、ロッドを下げたらリールのハンドルも下という1シャクリで1リーリングとなります。

 延々とこれを続けることが基本の基ですが、ロッドをシャクリ上げたときの一瞬だけ、コンマ数秒ふっと止めるような動作(食わせの間)を入れて糸ふけを作れるようになれば、もう一人前ですね^^

逃げまどう小魚をイメージしたシャクリ方

 ワンピッチジャークは、逃げまどう小魚をイメージしたシャクリ方なので、シャクるときのイメージも必死で逃げるを演出してください。

 高速でジグ回収をしているようなときでも、青物はヒットしてきますので、速度が速すぎることにはまずなりません。遅いより速い方が良いです。

水族館の小魚と青物

 上の写真は水族館のものですが、例えば(あくまでも例えばのイメージの話です!)この中にジグを投入したとして、どれだけ目立たせることができるかを考えると良いかもしれません。

 群れから落ちてきた小魚にするのか、群れに戻ろうとする小魚にするのか、はたまた・・・。

 イメージしながらジギングをするのは大事ですよ^^

糸ふけを意図的に作って食わせのタイミングを作る

 ジギングというと、どうしてもしゃくり倒すことに対するイメージが強いのですが、実はシャクリよりも食わせのタイミングを作るという一瞬の止めの方が大事なのです。

ジギングの食わせの間

 この部分は、しゃくったときの竿の反動でジグをふわっと跳ねさせていることを表していて、この瞬間だけはジグがラインに引っ張られているのではなく、ジグが自走しているので、ブリなんかに猛烈なアピールができるのです。

 この間を作ろうとすると、ワンピッチジャークのロッドをシャクリ上げたタイミングで糸ふけができますので、その糸ふけのでき具合を体で覚えておくことが大事です。

同じ動きでもロッド次第で同じジグの動きにはならない

 ロッドの硬さ、ラインの太さ、潮の流れの強さ、リールの1巻きの長さなど、いろいろな条件が異なれば、人間が同じ動きをしていても同じジグの動きにはなりません。

ジギングロッドとジグ

 例えば、ジグを100gから180gに変えたのであれば、竿の反動でジグを跳ね上げる力も弱くなるでしょうし、潮で流され気味だったところも解消されるはずです。

 タックルを変えたのであれば、同じワンピッチジャークの動きでも、同じワンピッチジャークにはならない可能性があるのです。

 このあたりの感覚は実際にやってみると体感できると思います、ジグのウエイトを変えるとシャクった時の重さが明らかに変わりますので・・・。

top icon Page top icon