基本のワンピッチジャークができればOK

 ジギングは状況によって色々なシャクリ、ジャークを使い分ける必要があるのですが、まずは基本のワンピッチジャークがしっかりできればそれでOKかなと思います。

 YOU TUBEなんかで検索してもらったら色々シャクリ方講座みたいなのがあるので、いくつかチェックしてみると良いと思います。

 基本的な体の動作としては、ロッドをシャクリ上げたときにリールのハンドルも上、ロッドを下げたらリールのハンドルも下というものになります。

 次の項目で紹介しますが、ロッドをシャクリ上げたときの一瞬だけ、コンマ数秒ふっと止めるような動作(食わせの間)を入れて糸ふけを作ることがオススメです。

シャクリよりもストップやステイを覚えよう

 小型の青物がジグにいくらでもじゃれ付いてくるような状況なら、ジグを巻いてるだけでも普通に釣れると思うのですが、ワンピッチジャークで釣るために重要なことはストップやステイなど、一瞬止めるような動作を入れることです。

食わせの間を作れる

 シャクることに慣れていないうちは、ロッドをしゃくることとリールを巻くことに手いっぱいになりがちですが、大事なのはロッドをシャクリ上げた際に一瞬止めて、糸ふけを作ることです。

 この一瞬で、引っ張られていたジグがふわっと自走するので、そこにブリがアタックしてくるのです。

1人釣れないときも鉄板パターンを続けろ!

 基本的にこのワンピッチジャークに関しては、どんな時でも幅広く使える基本的なシャクリになりますので、これさえしっかり続けていれば、基本釣ることができると思います。

鉄板パターン

 周りが釣れているからという理由だけで、あれやこれやとシャクリ方を変えるとドツボにハマることも多いので、まずは自分で1匹ゲットするまでは自分の中の鉄板パターンを続けることがオススメです。

 ベテランさんだと、シャクリを変えることで魚へのアピール方法を変えることにもつながりますが、初心者の内は迷うだけ迷って結果を出せない可能性の方が高いです。

 まずは1本釣れるまで、ワンピッチジャークで勝負かける方が失敗しにくいと思います。

オススメの鉄板シャクリパターンは桃太郎

 こちら、Gear-Labさんのところのレポートで読んだ内容なのですが、桃太郎のリズムで1ピッチジャークをするとタイミングが合いやすいのだそうです。

桃太郎次ワンピッチジャーク

 実際にやってみれば分かるかと思いますし、私の釣りバカ仲間に聞いてみてもお、ホントだ!笑っと思う程度にはオススメできる方法です。

 詳しくはGear-Labさんのところのレポートを読んでもらえればより詳しく紹介されていますが、他にも童謡はリズムが合いやすいものが多いので、いくつか試してみると良いかもしれませんね。

top icon Page top icon