2019/10/16に追記修正しました

ジャガジャガ巻き=ショートピッチジャーク

 ジャガジャガ巻きというのは、ハイピッチでショートピッチジャークを繰り返すシャクリ方で、とにもかくにもスピード重視の釣り方になります。

ジャガジャガ巻きは速度が大事

 とにかく巻きながらしゃくり続けるもので、ジャガジャガジャガジャガやっていくものなので、その名の通りのシャクリ方かなと思います。

 後でもう少し詳しく紹介しますが、カツオやハマチなどの小型の青物に強い誘い方になるかと思います。

必死で逃げる小魚をイメージしたシャクリ方

 上で紹介した通り、スピード重視のシャクリ方でして、必死で逃げる小魚をイメージしたシャクリ方になります。

ジャガジャガ巻きはパニックで逃げ惑いまくる小魚のイメージ

 実際にジャガジャガ巻きをしてみるとこの速度でも食ってくるのかどうか不安になるくらいの速度でリールを巻くのですが、よほどの速さで巻いても十分食ってきます、笑。

 また、実際に逃げまどっている小魚の泳力というのも瞬間的な速度感はめちゃくちゃ速いですからねー。

 ちなみにハイギアリールでも人間が巻くくらいの速度感であれば、どれだけ速くても高活性のときなら余裕で食ってきます。

ライトジギングなど小型青物にオススメ

 ここまでの流れで何となくわかったかと思うのですが、ライトジギングなど小型の青物にオススメのシャクリ方なんじゃないかなと思っています。

 私も過去の釣果を思い起こしてみると、ジャガジャガ巻きだと小型青物がメインとなっていて、メジロ、ブリクラスになるとどちらかというとスロー系のジギングが多いなと思います。

ジャガジャガ巻きはライトジギングにオススメ

 ブリを釣るためにはそこまで必要なジャークとは言えないかもしれませんが、高活性のときはこれさえやってればジャンジャカ釣れることも多いので、とりあえず覚えておいて下さいませ。

 特にお土産になるカツオとかサバとかめちゃめちゃ有効なアクションですよ!

ただし、疲れやすいので多用はできないかも?

 ジャガジャガ巻きの最強のデメリットといえば、とにかく疲れやすいということですね、笑。

 実際にやってみると分かりますが、そうそう延々とできるシャクリではないですねー慣れてても疲れます、苦笑。

ジャガジャガ巻きはとにかく疲れる

 まぁ、最初の1流しだけはジャガジャガ巻きをしてやる気のあるやつを誘う、魚の活性を上げるためにやるなどくらいがオススメかなと思います。

このページのまとめ

 ジャガジャガ巻きはとにかく高活性のときや小型青物ターゲットにオススメのシャクリ方だと思います。

 スピード重視のシャクリなので、とにかく必死でリールを巻き取りながらシャクってください、笑。

 やってみると分かりますが、結構疲れますので、多用できないかもしれないので、ここぞというときにやってくださいませ。

top icon Page top icon