2019/11/11に加筆修正しました。

タラジギングに必須?タコベイト

 タラジギングにおける必須アイテムと言えるかもしれないものが、ジグのリアフックにつけるタコベイトです。

 タラがジグを魚と見て食べているのか、タコベイトの部分をみてイカと見て食べているのかはタラに聞いてみないと分からないのですが、タコベイトが付いている方が底物系の魚は釣りやすい印象があります。

タコベイト付きのジグでガシラゲット

 色々と調べてみたのですが、タコベイトをつけることでとにかくアピール力を上げようとしているようで、それ自体を魚に見せようだとかイカに見せようだとかはあまり考えてなさそうな感じです。

 そもそもインチクで魚が釣れているところを考えてみるとジグをインチクのように見せているだけなのかもしれないですが、とにかくこのユラユラが釣れるんですよね。

 もし、タラジギングで釣れないと思っているならば、タコベイトを付けてみるところから始めても良いかもしれないですね。

個人的におすすめのタコベイト

 こだわっている方は自作し、しかもPEラインにこだわったり、2重にタコベイトを重ねたり、長さを調節したりと、色々な理論&作戦があるみたいです。

 が、まずは市販のものから始めるといいと思います。私はこのタコベイトをよく使ってます。

D-STREAMガンズ・タコベイトカーリー

 自作したり、作戦を考えたりする楽しみは減りますが、市販品という安心感&安定感はあります。

 タラジギング以外に、大型のメバル(オキメバルやタケノコメバルね)にも有効でした。

 まずは市販品から始めてみて、これを基準として自分オリジナルを追求していけばOKかなと思います。

スーパータコベイト

 マグロ漁にも採用されたイカゴロ配合のソフトマテリアル製タコベイトです。

 ワーム素材自体が柔らかく、浮力もそこそこあるので、滑らかな動きをする&匂いで誘えるので人気です。

 耐久性もそこそこありますので、長く使えるってところもオススメポイントですね。

top icon Page top icon