2019/11/11に加筆修正しました。

タラジギングリールの大前提

 リールを選ぶ前にちょっとタラジギングで狙う水深を考えてみたいと思います。

 ディープな釣りにおいては、ドラグ性能や巻取りのスピードなんかよりも、まずはラインをどれだけストックできるかというポイントが重要です。

 ラインが足りなければ、タラのいるところにジグが届かないわけですので・・・苦笑。

タラの平均サイズ

 タラジギングは、行くポイントにもよりますが、日本海であれば150m前後から最深で250mくらいのポイントを攻めることもあります(三陸沖などでは100mまでのところも)。

 仮に潮の影響を受けず、まっすぐ仕掛けを落とせるのであれば300mくらいでも問題ないのですが、根がかりやラインブレイク(PEは高切れすることもある)を考えると400mくらいはストックできるリールの方が安心ですね。

夕焼けの船釣り

 産卵期など浅場に上がってくる時期だけ狙うっというのであれば、400mもラインは必要ありませんが・・・っという辺りがリール選びの大前提です。

ハイギアのベイトリールが良い

 上で紹介した大前提を考慮し、さらにタラジギングはスロージギングやフォールのジギングが主体になることを考えると、ベイトリールを選ぶのが自然です。

ベイトリール

 そして、スロージギングでロッドにテンションを一気にかけるような釣りをするためにはハイギアのリールがおすすめとなってきます。

 よって、タラジギングにオススメのリールはハイギアのベイトリールとなるわけです。

 とはいえ、スピニングリールじゃ無理かと問われると無理ではありません。乗る船禁止していないのであれば、釣ることは可能だと思います。

オススメのベイトリールはジガーやソルティガ

シマノ オシアジガーシリーズ

シマノ オシアジガー 1500HG、1501HG

 ラインストック量を考えるとこちらの1500HGが最もおすすめ。

 金色ボディで数量限定の1500HGリミテッドというのも販売されていますが、基本的にはほぼ同等(やや異なる部分あり)なので、この辺りは好みで選べば良いと思います。

巻糸量:PE2.0号-500m 自重:405g
最大巻上長:97cm 最大ドラグ力:7kg

シマノ オシアジガー 2000NRHG、2001NRHG

 さらにディープな釣りをする方が多い、大型専門に狙っているというのであれば、2000番台もおすすめ。

 さらに3000リミテッドというのもありますが、タラジギングであればそこまでは不要かなと・・・。

巻糸量:PE3.0号-400m 自重:595g
最大巻上長:117cm 最大ドラグ力:10kg

ダイワ ソルティガシリーズ

ダイワ ソルティガ 35NHL-SJ

 ダイワのスロージギングリールで最もオススメできるのはソルティガシリーズの35NH-SJですね。

 このリールであれば、中深海を攻めるときでも100m以浅のポイントでも標準的に使えます。

 ダイワの釣り番組でもよく見かける一押しモデルですね。

巻糸量:PE3.0号-400m 自重:610g
最大巻上長:119cm 最大ドラグ力:10kg

ダイワ キャタリナLDシリーズ

 右巻きモデルしかありませんので、左巻き愛好家の人はお買い求めいただけませんが、ダイワのキャタリナLDシリーズの20SH はハイギア仕様で、ラインストック量がかなり多いのでおすすめです。

ダイワ キャタリナLD 20SH

 個人的には20SHで良いと思っているのですが、より深く、より大物を狙う場合は20SH-Tモデルの方がパワーがあっておすすめかもしれません。

巻糸量:PE2.0号-560m 自重:435g
最大巻上長:116cm 最大ドラグ力:10kg
top icon Page top icon