2020/2/4に加筆修正しました。

シマノのジギングロッド

 シマノからは様々なタイプのジギングロッドが発売されています。個人的にはシマノのリールが好きなので、ロッドもシマノでそろえたくなるので好きなメーカーの一つです。

 長くジギングをすることを考えているのであれば、値は張りますがオアジガーシリーズか、もしくはゲームシリーズを、コスパ重視で選ぶならグラップラーシリーズを、と思います。

シマノ オシア ジガー∞
ジギングの本質であるジャークの操作性を追求し、軽量化とスロー系ジギングを極めるために開発されたモデル。2020年に5モデルが追加。(メーカー希望価格:5万円台)
タップして全ロッドを見る(全11モデル)

オシアジガー∞ B65-0(ベイト)

 シリーズ中もっともライトなB65-0は、130gまでのジグをメインにしたジギングに最適な1本です。

 青物狙いの速い誘いでは水深40m前後、遅い誘いなら80mまで扱えるモデルです。

 かなりライトジギング寄りな通常ジギングのモデルになります。

長さ(m):1.96  自重:129g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

オシアジガー∞ B65-1(ベイト)

 180gのジグにも対応するこのロッドは、60m前後の青物狙いから120mレンジのスローな釣りまで幅広く対応。

 細身な設計ですが、大型ターゲットにも負けることのないパワーを備えた1本です。

長さ(m):1.96  自重:129g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):80~180

オシアジガー∞ B65-2(ベイト)

 水深80mから180m超までをカバーするこのロッドは、このシリーズの中心的なモデルです。

 青物、マダイを中心に、近海のジギングではもっとも守備範囲が広いので、最初の1本としてオススメです。

長さ(m):1.96  自重:37g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):100~230

オシアジガー∞ B65-3(ベイト)

 上で紹介したB65-2と同様に幅広いシーンで活躍するのがこちらのモデルです。

 280gまでのジグを操ることができ、速い誘いをメインとした110mラインでの青物狙いのほか、250m超の中深海にも対応しています。

長さ(m):1.96  自重:142g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):120~280

オシアジガー∞ B63-4(ベイト)

 深場でのハードなジギングを想定して設計されたこのモデルは、水深140m前後の速い誘いと320m前後のスロージャークが得意です。

 350gまでのジグなら十分扱うことができますので、中深海の釣りにも使えます。

長さ(m):1.91  自重:146g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):140~350

オシアジガー∞ B63-5(ベイト)

 対大型ターゲットのジギングや深場の攻略に適したパワーのあるモデルです。

 ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの大型狙いや、中深海におけるアカムツやマダラ、底物にオススメです。

長さ(m):1.91  自重:151g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):160~430

オシアジガー∞ B63-6(ベイト)

 2020年4月発売予定の1本です。

 より幅が広がるスロー系ジギングのフィールドに向けたかなりヘビーな1本です。

 6番という数値なら500gのジグにも対応するパワーがあり、大型青物から水深450m超のキンメダイまでをしっかりカバーします。

長さ(m):1.91  自重:??g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):180~500

オシアジガー∞ B61-7(ベイト)

 2020年4月発売予定の1本です。

 ジグウエイトは最大で600gまで対応するパワーある1本です。

 500mを超える水深をカバーするパワーを持ちながらも、ジャーク、ファイトでは驚くほどの操作性を発揮しています。

長さ(m):1.85  自重:??g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):200~600

オシアジガー∞ B61-8(ベイト)

 2020年6月発売予定の1本です。

 230mを超えるエリアでは青物や回遊魚を想定した速いシャクリを演じ、スローでは550m超を攻略することができるモデルです。

 未開のゾーン深海に挑むことができる深海系ジギングロッドのスタンダードとなる1本です。

長さ(m):1.85  自重:??g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):230~750

オシアジガー∞ B61-9(ベイト)

 2020年6月発売予定の1本です。

 さらなるディープへジグを送り込み、超大物を狙い撃つB61-9。

 この番手より強度と剛性を重視した設計となっており、もはや未知のロッドといえる。

長さ(m):1.85  自重:??g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):260~900

オシアジガー∞ B61-10(ベイト)

 2020年6月発売予定の1本です。

 スロー系ジギングの限界を突破するシリーズ最強の10パワー。

 ジグ1200g、水深700mをクリアする破壊力でアブラボウズなどの怪物に対峙するための最強の1本。

長さ(m):1.85  自重:??g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):300~1200
シマノ オシア ジガー∞モーティブ
スローからミドルピッチジャークの操作性を向上させつつ、ロングフォールで誘うためやや長めの設計となっているシリーズです。(メーカー希望価格:5万円台)
タップして全ロッドを見る(全8モデル)

オシアジガー∞モーティブ B610-0(ベイト)

 適合リールサイズは200~1500。

 シリーズ中最もライトな仕様ですが、十分なパワーをもつロッドです。

 ミドルピッチでは40m超、スローでは80m超にも対応し、メタルジグは130gクラスまでをカバーしています。

長さ(m):2.08  自重:115g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

オシアジガー∞モーティブ B610-1(ベイト)

 80~180gクラスのメタルジグを扱えるジギングロッドで、ミドルピッチでは60m超、スローでは120m超までカバーできます。

 ライトめな設計なので、強すぎない調子が自然なジグ操作をサポートできるライトクラス。

長さ(m):2.08  自重:117g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):80~180

オシアジガー∞モーティブ B610-2(ベイト)

 操作性をやや優先したパワーも少しあるモデルです。

 メタルジグ100~230gクラスに対応しており、ミドルピッチでは80m超、スローでは180m超を見据えた1本。

 このくらいのクラスのロッドからジギングを始めてもいいかなと思える1本です。

長さ(m):2.08  自重:117g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):100~230

オシアジガー∞モーティブ B610-3(ベイト)

 ジグウエイトも300gまで扱えるロッドで、中深海までカバーできる1本です。

 青物狙いでは水深100m超、中深海では250m超までを見据えた3番パワーのジギングロッドです。

長さ(m):2.08  自重:130g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):130~300

オシアジガー∞モーティブ B610-4(ベイト)

 上で紹介したモデルよりもさらに深海を攻略できる1本です。

 380gクラスのジグまで対応する4番パワーで、中深海狙いでは水深300m+α、青物狙いでは130m+αをカバーできるジギングロッド。

長さ(m):2.08  自重:140g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):160~380

オシアジガー∞モーティブ B610-5(ベイト)

 さらに中深海に加え、大型魚も想定した5番パワーのジギングロッドです。

 450gクラスのジグまで対応し、青物狙いでは160m+α、中深海では水深350m+αも視野に入る最強モデルです。

長さ(m):2.08  自重:140g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):200~450

オシアジガー∞モーティブ B610-6(ベイト)

 シリーズ最強の6番パワーを誇り、青物狙いで水深200m+α、中深海狙いでは水深400m+αまでを想定した設計となっています。

 ジグは230~500gに対応していて、かなりの深場でもテクニカルな誘いをしやすいモデルです。

長さ(m):2.08  自重:148g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):230~500
シマノ オシア ジガー コンセプトS
大幅な軽量化を更に進化させたストレスフリーなジギングロッドです。その上パワーファイトも可能な異次元ロッド。(メーカー希望価格:5万円台)
タップして全ロッドを見る(全5モデル)

オシアジガーコンセプトS S64-1(スピニング)

 水深60m前後までを想定して開発されたコンセプトSシリーズ中で最もライトなモデルです。

 PE2.0号前後、ジグウエイト60~150gに対応するスペックは近海の青物ジギングにちょうど良いモデルとなっています。

 ジャーク時はライトジギングロッドに迫る軽快な操作性を発揮し、ファイト時はその強靭な粘りで大型魚の引きをもガッチリ受け止めることができるロッドです。

長さ(m):1.93  自重:??g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):60~150

オシアジガーコンセプトS S64-2(スピニング)

 水深20~80m+αを想定したライト系モデルで、上で紹介したモデルよりワンランク上なイメージのロッドです。

 このロッドも細めのラインによる攻略を得意とした設計で、ラインプレッシャーを抑えることでより軽快なジグアクションを演出、ターゲットの捕食を誘発させます。

 掛けてからはロッド全身の粘りでバラシやラインブレイクのミスを抑制し、良型青物が相手でも安定したファイトを楽しむことができます。

長さ(m):1.93  自重:145g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):80~160

オシアジガーコンセプトS S62-3(スピニング)

 最近、ネット通販では見かけなくなってきたジギングロッドです。

 水深30~90m+αを想定し、幅広いシーンで扱うことができるジギングロッドの基本となるようなモデルです。

 不要なブレを徹底的になくすように設計されており、王道のワンピッチジャーク、激しいコンビネーションジャークなどもお手の物です。

 もちろん、ジグの動きを抑えたスローな誘いにも対応し、その粘り強さで10kg級の青物でも浮かせるファイトを可能とします。

長さ(m):1.88  自重:150g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):90~180

オシアジガーコンセプトS S62-4(スピニング)

 最近、ネット通販では見かけなくなってきたジギングロッドです。

 水深40~100m+αを攻略するためのパワーを重視しつつも、ロッドにかかる負荷に合わせてきれいに曲がる設計がされているロッドです。

 ロッドがきれいに曲がるので、ジャークのタイミングもとりやすく、ワンピッチワン、コンビネーション、スライドなど様々な誘いがしやすいのが特徴です。

 また、ヒット後は、大型青物でも、安心感のあるパワーファイトを楽しむことができます。

長さ(m):1.88  自重:157g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):100~210

オシアジガーコンセプトS S60-5(スピニング)

 水深50~120m+αを想定して設計されたロッドです。

 深場の攻略や潮の流れが速いエリアなどでも、ジグをキビキビと動かしやすいところが特徴です。

 また、曲がれば曲がるほど強大なパワーを発揮するロッドで、大型青物の強烈な引きにも問題なく対応することができます。

長さ(m):1.83  自重:165g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):120~250
シマノ オシア ジガーLJ
スーパーライトジギングからライトジギングまでを幅広くカバーするシリーズです。(メーカー希望価格:4万円台)
タップして全ロッドを見る(全11モデル)

オシアジガーLJ B65-0/FS(ベイト)

 マイクロベイトパターンを攻略するためのスーパーライトジギングモデルですが、中型クラスまでの青物なら楽しむこともできます。

 軽くて引き抵抗を感じにくい小型ジグの動きをコントロールできる、柔軟かつスムーズな曲がりが特長。

 通常ジギングでは食わせきれなかったスレたターゲットにオススメです。

長さ(m):1.96  自重:127g
PEライン:MAX1.2号  ジグ(g):30~100

オシアジガーLJ S65-0/FS(スピニング)

 フルソリッドスーパーライトジギングモデルのベイト仕様がこのモデルです。

 柔軟でスムーズな曲がりで小型ジグの動きをコントロールし、ヒット後はバラシやラインブレイクを防ぐ設計です。

 中型青物までなら楽しめる底力のあるロッドです。

長さ(m):1.96  自重:130g
PEライン:MAX1.2号  ジグ(g):20~100

オシアジガーLJ S62-1/FS(スピニング)

 繊細かつテクニカルな使用感はそのままに、ジグウエイト30~130gに対応するライトモデルです。

 中型の青物なら難なく制する粘り強さもあり、水深70m前後までのポイントにオススメのロッドです。

 スピード感あふれるジギングを展開したい方にオススメの1本です。

長さ(m):1.88  自重:??g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):30~130

オシアジガーLJ S62-2/FS(スピニング)

 2020年4月発売予定の1本です。

 ジグウエイト40~160gにマッチし、水深70m前後までのポイントにベストマッチする1本。

 ライトジギングを始めたいという方にオススメしやすいスタンダートなモデルです。

 大型の青物にも通用する粘り強さもあるロッドですので、初心者にオススメです。

長さ(m):1.88  自重:??g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):40~160

オシアジガーLJ B62-1/FS(ベイト)

 ラインMAX1.5号、40~130gのジグに適応し、滑らかなジグアクションを得意とするモデルです。

 リーリングジャークからワンピッチまで幅広く対応する比較的スタンダード寄りな1本。

長さ(m):1.88  自重:125g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

オシアジガーLJ B62-2/FS(ベイト)

 2020年4月発売予定の1本です。

 フルソリッドシリーズの最強モデルがこのロッドになります。

 MAX2号のPEラインに対応し、50~160gのジグをコントロールすることができます。

 また、潮の流れの変化やジャークのときの違和感をつかみやすく、活性が低い喰い渋りの状況にオススメです。

長さ(m):1.88  自重:130g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~160

オシアジガーLJ B63-1(ベイト)

 軽量ジグに適した繊細なブランクスが自慢のライト寄りのバーサタイルな1本です。

 40~130gのジグを快適に操作することができるので、近海ジギングのライトな部分を任せられるモデルです。

長さ(m):1.91  自重:120g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

オシアジガーLJ B63-2(ベイト)

 近海ライトジギングの王道ともいえる汎用性のあるロッドで、どんな状況でも使いやすい仕様です。

 オールラウンダーとも言えるロッドなので、最初のライトジギングロッドとしてオススメ。

長さ(m):1.91  自重:122g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~160

オシアジガーLJ B63-3(ベイト)

 PE2号、ジグウエイト200g超をカバーするパワーを備えるロッドで、ライトジギングロッドなのかどうか微妙なラインのロッドかなと感じます。

 過剰な反発を抑えた粘り強さが強みのロッドで、ライトジギング~近海ジギングまで幅広く使えるロッドですね。

長さ(m):1.91  自重:122g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):60~200

オシアジガーLJ B61-1HP(ベイト)

 40~130gのジグを使用した速い誘いが得意な1本です。

 ワンピッチジャークは基本で、ジャガジャガ巻きのようなジギングで青物を魅了できます。

長さ(m):1.86  自重:128g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

オシアジガーLJ B61-2HP(ベイト)

 150g超のジグをもキレよく動かすパワーと操作性を追求した設計の1本です。

 速い誘いで、青物の捕食中枢を刺激することができるモデル。

長さ(m):1.86  自重:132g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~160
シマノ オシア ジガー∞
スロー系ジギングを主体に作られたゲーム性重視のジギングロッドです。もちろん、早いジャーク系の釣りもできるロッドですので、初心者さんにもオススメです。(メーカー希望価格:5万円台)
タップして全ロッドを見る(全7モデル)

オシアジガー∞ B651(ベイト)

 水深30~80m、メタルジグ60~130gを基本に活躍する。ジギングロッドです。

 特に繊細な“しなり”によって、軽いジグを艶めかしく操ることができ、テクニカルなジギングに特化した1本です。

 それでいて粘り強いので、スローな誘いや緩急をつけたジグアクションなどを自由自在に演出することができます。

 さらに青物にも十分通用するパワーを秘めた、攻撃的な特性を備えているジギングロッド。

長さ(m):1.96  自重:133g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):MAX130

オシアジガー∞ B652(ベイト)

 粘り強い「しなり」を備えた繊細な一本です。

 水深80mまでを基本に100g台のジグを自在に操るためのジギングロッドです。

 ライトさを生かしたテクニカルな誘いができるので、青物、根魚のほかタチウオにもオススメですね。

長さ(m):1.96  自重:137g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):MAX180

オシアジガー∞ B653(ベイト)

 スロー系ジギングのスタンダードアイテムとなる1本です。

 水深100m超までの攻略を基本に、レスポンス良くジグを操作できるスロー系ジギングの基軸となる一本で、最初に買っても失敗しにくいジギングロッドだと思います。

 フォール重視でスローに誘う底物、根魚狙いだけでなく、スピード感あるジグアクションで誘う青物攻略にも使えます。

 水深200mを超える中深海のアカムツ(ノドグロ)狙いにもオススメです。

長さ(m):1.96  自重:140g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX230

オシアジガー∞ B634(ベイト)

 パワーとレスポンス性を高めた長さのあるジギングロッドです。

 水深60~130mや激流の浅場、メタルジグ160~300gを基本としたパワーのあるモデルです。

 反発力を高めながら、操作時の負担を低減するためにの長さに設計されており、積極的にジグを動かして誘う青物狙いや、中深海のアカムツ狙いにオススメ。

 遠征先での不意の大型魚にも対応できるパワーをも備えています。

長さ(m):1.91  自重:140g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX300

オシアジガー∞ B635(ベイト)

 中深海まで対応のパワフルスタンダード、遠征向けの1本ですね。

 水深70~160mの青物狙いや水深350mまでの中深海におけるアカムツやタラ、底物にオススメです。

 ゆっくり誘うだけでなくスピード感あふれる操作も割と得意で、様々なジグアクションで誘いをかけることができます。

 潮流の速いエリアでもジグをコントロールできる反発力と、遠征エリアの大型魚にも対応するパワーを兼備する。

長さ(m):1.91  自重:147g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX400

オシアジガー∞ B636(ベイト)

 大型青物を攻め落とすシリーズ最強スペックがこのモデルです。

 水深80~200mの青物や水深500mまでのキンメダイやアカムツ、底物に最適な1本。

 パワーもあり、反発力もありなので、遠征での大型カンパチにも通用する力を秘めている。

長さ(m):1.91  自重:160g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX450

オシアジガー∞ B803(ベイト)

 ロングフォールを生みだす8フィートの長さの1本です。

 メタルジグのフォールアクションで、ベイトフィッシュが弱った動きをより長く演出することを追求したロングロッドで、最初の1本としてはオススメしにくい。

 8ftのロングレングスを活かし落差2m以上のフォールを作り、極端にスローな"上げ"と"下げ"の誘いや、高速リトリーブからのフォールといったコンビネーションに最適。

 ボトムレンジを集中して攻める根魚や底物狙いはもちろん、中層の青物攻略にも適したジギングロッドです。

長さ(m):2.44  自重:170g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX400
シマノ オシア ジガー
スピニングは細分化されていてラインナップが多く13モデル、ベイトシリーズは厳選された3モデルのジギングロッドです。(メーカー希望価格:4~5万円台)
タップして全ロッドを見る(全16モデル)

オシアジガー S641(スピニング)

 このジギングロッドS641はよりナチュラルなジグアクションを追求して生まれた“喰わせのスペシャリスト”の異名を持つロッドです。

 ヒット後はロッド全体を曲げたファイトでライトなゲーム性の高いモデルです。

長さ(m):1.93  自重:190g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):50~160

オシアジガー S642(スピニング)

 喰わせに優れた軽めのジグをさらにナチュラルに操るS642。

 しなやかな設計は、は軽やかな操作性を実現し、ラインブレイクやバラシも低減されたモデルです。

長さ(m):1.93  自重:200g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):60~180

オシアジガー S643(スピニング)

 青物フィールドで出番の多い200gまでのジグを扱えるスタンダードなモデルS643。

 しなやかさの中に芯のある強さを備え、ジャークやファイト時のパワーロスを抑制、最初の1本としてオススメしやすいモデルです。

長さ(m):1.93  自重:205g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):80~200

オシアジガー S644(スピニング)

 警戒心の高い大型ターゲットを喰わせて獲るためのS644。

 粘り強さが特長で身体への負担が少なく、長時間、安定して操作できることでヒット率が向上するロッド。

長さ(m):1.93  自重:215g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):100~240

オシアジガー S621(スピニング)

 近海を攻略するS621は比較的ライトなジギングをすべてカバーできる1本です。

 PE2号前後の細糸や100g前後のジグにも適応し、より繊細なアプローチをサポートする。

 スレた大物にも使ってみたいと思えるジギングロッドですね。

長さ(m):1.88  自重:185g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):60~150

オシアジガー S622(スピニング)

 ライトに攻めるS622は、魚へプレッシャーを与えにくいPE1.5~2.5号、喰わせに優れた軽めのメタルジグに適応するテクニカルなアイテム。

 ゲーム性も十分残した設計なので、スタンダードロッドでは飽きてきた方にオススメ。

長さ(m):1.88  自重:190g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):80~160

オシアジガー S623(スピニング)

 全国の青物フィールドで活躍できるモデルがこのS623です。

 小型サイズから10kgクラスの青物まで対応できるこのスペックは初心者にオススメなスタンダードな1本です。

長さ(m):1.88  自重:195g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):90~180

オシアジガー S624(スピニング)

 ヒラマサやブリなど、大型狙いに必要なスペックが詰め込まれたジギングロッドがS624です。

 潮流の速いポイント、根の荒いポイントでも活躍することができるパワーのある1本です。

 10kgオーバーとも余裕をもってファイトできるパワーを秘めたアイテムになります。

長さ(m):1.88  自重:210g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):100~210

オシアジガー S605(スピニング)

 特に大型サイズのみを狙って獲るためのパワーロッドがS605になります。

 多少、ウエイトのあるジグでも安定して操作ができますし、暴力的な大型魚の引きでも、安定したファイトが望めます。

 10~20kgクラスの青物でも難なくこなせるパワーが魅力的です。

長さ(m):1.83  自重:215g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):120~250

オシアジガー S510-3(スピニング)

 潮流の強いポイントで水深30~80m+αまでを想定したジギングロッドになります。

 PEラインMAX3号、ジグは100~180gに対応し、繊細な誘いで10kgクラスの青物も仕留める。

長さ(m):1.78  自重:180g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):100~180

オシアジガー S510-4(スピニング)

 PE4号、ジグウェイト120~210gと守備範囲の広さが最大の魅力の1本です。

 得意なレンジは水深40~100mで、15kgクラスの青物も視野に入れる芯の強いジギングロッドです。

長さ(m):1.78  自重:185g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):120~210

オシアジガー S510-5(スピニング)

 20kgクラスの青物をも想定したパワフルなジギングロッドです。

 PEラインMAX5号、ジグは140~250gまで対応し、120m超の水深をもカバーするモデル。

長さ(m):1.78  自重:205g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):140~250

オシアジガー S58-6(スピニング)

 このシリーズ中で最もヘビーなジグを扱えるジギングロッドで160~300gのヘビージグを扱えます。

 150m+αの水深に斬り込んでいく設計で、狙うは20kg超の大型魚です。

長さ(m):1.73  自重:205g
PEライン:MAX6.0号  ジグ(g):160~300

オシアジガー B60-3(ベイト)

 適合ラインはPE3号まで。ジグは180g+αまで対応し、10kgクラスまでの青物狙いにオススメの1本です。

 水深は30~90m+αくらいまでを想定していて、比較的スタンダードなジギングロッドになります。

長さ(m):1.83  自重:160g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):80~180

オシアジガー B60-4(ベイト)

 100m前後の水深をメインフィールドとし、青物をはじめ15kgまでの魚がメインターゲットとなるロッドです。

 PEはMAX4号、220g+αのジグに適応する幅の広さも魅力的です。

長さ(m):1.83  自重:170g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):100~220

オシアジガー B60-5(ベイト)

 20kg級の青物にも対応するベイトジギングロッドです。

 ジグMAXは300g超、ラインはPE5号まで適合とモンスター級を狙うためのロッドともいえますね。

長さ(m):1.83  自重:180g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):120~300
シマノ ゲームTypeスローJ
スローピッチジャーク専用モデルですが、コンビネーションやロングフォールなどにも使えるゲーム性の高いジギングロッドシリーズです。(メーカー希望価格:3万円台)
タップして全ロッドを見る(全6モデル)

ゲームTypeスローJ B681(ベイト)

 水深60m、ジグ130gまでに対応するライトジギング感覚のスロー系ロッド。

 小~中型青物のほか、タチウオ、真鯛、サバなど沿岸のゲームに適しているジギングロッドです。

長さ(m):2.03  自重:112g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):MAX130

ゲームTypeスローJ B682(ベイト)

 ライトジギングから根魚まで対応するそこそこパワーのあるモデルです。

 水深80m、100g台のジグで真価を発揮するほか、青物狙いでロッドの反発を抑えたい時にも重宝します。

長さ(m):2.03  自重:117g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):MAX160

ゲームTypeスローJ B683(ベイト)

 近海はこれ1本でOK!といえるスロー系のロッドではスタンダードとなる1本です。

 キレの良いジグアクションで誘う青物、大型根魚狙いのほか、スローなパターンのアカムツゲームにも対応できるオールラウンダーです。

長さ(m):2.03  自重:120g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX230

ゲームTypeスローJ B684(ベイト)

 160~200g超のジグを駆使した青物ジギングに対応する1本。

 秀逸なパワーと操作性はアグレッシブにジグを飛ばして誘う先端のアカムツスタイルにも対応します。

長さ(m):2.03  自重:127g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX300

ゲームTypeスローJ B685(ベイト)

 カンパチをはじめ大型の青物が標メインターゲットとなるジギングロッドです。

 潮の効いたディープにおいて重量級のジグを軽々と扱えるパワーと、それでいて繊細な側面も持つ点が魅力的です。

 遠征釣行にもお薦めできるジギングロッドですね。

長さ(m):2.03  自重:135g
PEライン:MAX3.5号  ジグ(g):MAX400

ゲームTypeスローJ B686(ベイト)

 大型青物、大型底物を想定した本格派向けのジギングロッド。

 水深300m、ジグ450gまで対応するシリーズ最強のスペックが、スロー系ジギングのさらなる深みへといざなう1本です。

長さ(m):2.03  自重:136g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX450
シマノ ゲームTypeJ
ジギングロッドの中でも青物専用に設計されたロッドで、特に速いジギング強いシリーズです。(メーカー希望価格:3万円台)
タップして全ロッドを見る(全10モデル)

ゲームTypeJ S652(スピニング)

 青物に口を使わせるフィネス系のジギングロッドです。

 PE2.5号以下や喰わせに優れた軽量ジグを自在に操れる繊細な設計が自慢。

 にもかかわらず、バットパワーも案外と強く、最大160gまでのジグに適応し、良型の青物でも安定したファイトをすることができるモデル。

長さ(m):1.96  自重:165g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX160

ゲームTypeJ S603(スピニング)

 軽快にジグを操るテクニカル系ジギングロッドです。

 ジャークの負担が少なく軽快にジグを操作できる長さに設計されています。

 基本となるワンピッチジャークも得意とし、スライドアクションや喰わせ重視の滑らかな誘いまで、様々なジグアクションを堪能できる1本です。

長さ(m):1.83  自重:165g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX180

ゲームTypeJ S643(スピニング)

 セミロングの長さといえる6.4で、多彩なジグアクションをすることができるモデルです。

 スライドで誘うワンピッチジャークやスピード変化で誘うコンビネーションジャークなどにオススメです。

 ドテラ流しやショートキャストによる横方向の誘いも得意とする長さを生かした釣りができるロッド。

長さ(m):1.93  自重:170g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX180

ゲームTypeJ S594(スピニング)

 的確なスライドアクションを生み出す反応性の良さと、ジャーク時の負担を抑える短めの設計が光るジギングロッドです。

 ロッド全身が粘り強く、しっかり曲がってもしっかり復元するので、ダイレクトに操作するバーチカルジギングも軽快に楽しめますよ。

長さ(m):1.75  自重:170g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX210

ゲームTypeJ S624(スピニング)

 ジグやジャークの種類を問わず全国のフィールドで活躍するオ―ルラウンダーで、初心者にオススメの1本です。

 繊細な穂先はジャークのタイミングを掴みやすく、ロッド全体がスムーズに曲がって復元するので、なんとなくの感覚で操作できる点も強い。

長さ(m):1.88  自重:180g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX210

ゲームTypeJ S605(スピニング)

 水深100mまでのエリアを基本に、10kgオーバーを獲るためのジギングロッドといえます。

 ロッド全体が曲がって的確に復元するので、200g以上のジグをしっかりとスライドさせることができます。

 強靭な強さもありますので、深場でのヒットでも一撃でフックを貫通させることができます。

長さ(m):1.83  自重:190g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):MAX250

ゲームTypeJ S586(スピニング)

 1つ上で紹介したS605よりもさらに深いレンジに適合し、大型サイズ対応のパワフルロッド。

 水深100m超、ジグ300gまで対応できる1本で、潮流の速い状況下でもジグをしっかりとスライドさせ、警戒心の高い青物のバイトを誘発します。

長さ(m):1.73  自重:200g
PEライン:MAX6.0号  ジグ(g):MAX300

ゲームTypeJ B603(ベイト)

 水深40~80m、ジグ180gまでを基本に、近海の青物ジギングで活躍するテクニカルなベイトロッド。

 全身が曲がってもすんなりと復元する設計は、釣り人に疲れを感じさせにくいので、軽快にワンピッチジャークをすることができます。

長さ(m):1.83  自重:140g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX180

ゲームTypeJ B604(ベイト)

 10kgクラスのブリやヒラマサを想定し、水深50~100m、ジグ220gまでを基本に活躍できるスタンダードなベイトジギングロッドです。

 青物狙いの基軸となるワンピッチジャークもしやすく、掛かったあとは全身の粘りで強烈な引きをうまくいなしてファイトができます。

長さ(m):1.83  自重:150g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX220

ゲームTypeJ B605(ベイト)

 大型青物を獲るためのパワーを備えたベイトジギングロッドです。

 ジグを大きくスライドさせて誘うワンピッチジャークを得意とし、メタルジグ300gまで扱えます。

 潮流が速い海域や、水深100m以深においても安定した操作が可能な設計です。

長さ(m):1.83  自重:160g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):MAX300
シマノ ゲームType LJ
ライトジギングを極めるため、シリーズ中でも3ジャンルに細分化されたモデルが出されています。(メーカー希望価格:3万円台)
タップして全ロッドを見る(全8モデル)

ゲームType LJ B630(ベイト)

 マイクロチューンモデルのベイト版がこちらのロッドです。

 細いPEラインで小型ジグをテクニカルにコントロールし、今まで喰わせきれなかったターゲットに口を使わせる1本です。

 細糸でのスリリングなファイトを楽しめるので、上級者にこそオススメ。

長さ(m):1.91  自重:103g
PEライン:MAX102号  ジグ(g):30~100

ゲームType LJ B631(ベイト)

 ジグやジャークの種類を選ばずに使えるバーサタイルロッドがこちらのモデルです。

 繊細な穂先で、ジグの動きを安定してコントロールすることができます。

 操作性もロッド任せでなんとかなることも多いので、楽にジギングができます。

長さ(m):1.91  自重:107g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~120

ゲームType LJ B632(ベイト)

 このシリーズ中で最も幅広いジギングに対応できる1本だと思います。

 ワンピッチワンジャーク、スライド、フォール、リーリングでの誘いなど、色々な誘いをすることができます。

長さ(m):1.91  自重:109g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~150

ゲームType LJ S660(スピニング)

 パワーレベル0番は近年注目のスーパーライトジギングを想定したモデル。

 軽いジグでのジギングや、スレた状況や喰い渋りにも強い仕様です

 マダイ、シーバスからイサキ、アジ、サバまでカバーするスーパーライトジギングの王道的ロッド。

長さ(m):1.98  自重:111g
PEライン:MAX1.2号  ジグ(g):20~100

ゲームType LJ S631(スピニング)

 ジグやジャークの種類を選ばずに使えるバーサタイルなロッドです。

 繊細な穂先はジグを跳ねさせすぎない安定をもたらします。

 オートマチック感覚の操作性が特長なモデルです。

長さ(m):1.91  自重:115g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):30~120

ゲームType LJ S632(スピニング)

 軽量でありながら強く、ブレが少なく、ストレスなく使えるのが特徴の1本です。

 青物、マダイからシーバス、タチウオ、サワラなど、幅広いターゲットに対応できるモデルです。

長さ(m):1.91  自重:120g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):40~150

ゲームType LJ B611-HP(ベイト)

 100g前後のジグによる速いハーフピッチジャークなど、動きの早いジギングにオススメです。

 リズムの速いジャークでマダイ、シーバス、青物、根魚ライトジギングにオススメです。

長さ(m):1.85  自重:108g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~120

ゲームType LJ B612-HP(ベイト)

 適度に曲がる穂先など、その設計でジャークの初速をコントロールできる1本です。

 リズムの速いジャークでマダイ、シーバス、青物、根魚を攻略するためのモデル。

長さ(m):1.85  自重:108g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~150
シマノ グラップラー
通常ジギング(14本)、スロー系ジギング(5本)、ライトジギング(8本)、キャスティングと細分化されたシリーズ。キャスティングモデル以外を紹介します。(メーカー希望価格:2~3万円台)
タップして全ロッドを見る(全27モデル)

グラップラー タイプJ S60-2(スピニング)

 2020年3月発売予定の1本です。

 適合ジグウエイトは最大MAX160gで水深は60m+α程度までをメインとなるかなりライトなジギングロッドです。

 メインターゲットは8kgくらいまでの小型ターゲットで、ゲーム性の高いロッドになります。

 リールはシマノの4000~6000辺りがマッチします。

長さ(m):1.83  自重:158g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX160

グラップラー タイプJ S60-3(スピニング)

 適合ジグウエイトは最大MAX180gで水深は80m+α程度までをメインに探れるジギングロッドです。

 メインターゲットは10kg前後の青物ですので、近海ジギングの中心的なモデルとしてオススメできます。

 リールはシマノの5000~8000辺りがマッチします。

長さ(m):1.83  自重:170g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX180

グラップラー タイプJ S60-4(スピニング)

 適合ジグウエイトは最大で210gと比較的重めのジグまでをカバーしているロッドです。

 水深は100m超えのポイントもカバーできるくらいで、10kgを超える青物でも安定したファイトができるパワーを持つ。

 リールサイズはシマノの8000~10000辺りがマッチします。

長さ(m):1.83  自重:177g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX210

グラップラー タイプJ S60-5(スピニング)

 適合ジグウエイトはMAX250gでPEラインも5号まで使用可能です。

 水深は~120m+αくらいまで十分対応可能で、ターゲットも15kgを超えてもまだ大丈夫です。

 適合リールサイズはシマノの8000~10000辺り。

長さ(m):1.83  自重:187g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):MAX250

グラップラー タイプJ S56-6(スピニング)

 適合ジグウエイトはMAX300gまで可能となっており、中深海までカバーすることができるジギングロッドです。

 水深は~150m+αまで可能となっており、ターゲットサイズは20kgを超える青物でもOK。

 適合リールサイズはシマノの8000~20000辺りがマッチします。

長さ(m):1.68  自重:255g
PEライン:MAX6.0号  ジグ(g):MAX300

グラップラー タイプJ S56-7(スピニング)

 適合ジグウエイトは最大350g、PEラインも最大8号とかなりハードなジギングも展開できるジギングロッドです。

 水深は200mも視野に入れたかなり大型ターゲットも狙えるロッドです。

 リールサイズはシマノの8000~20000番辺りがマッチします。

長さ(m):1.68  自重:265g
PEライン:MAX8.0号  ジグ(g):MAX350

グラップラー タイプJ S53-8(スピニング)

 適合ジグウエイトが最大400gのシリーズ中最もヘビーな部分をカバーしているロッドです。

 水深も200m+αくらいまで探れるので、中深海も視野に入れたロッドです。

 大型青物や底物など~30kg+αまで対峙できるモンスターロッド。

 適合リールサイズはシマノの8000~20000番辺りです。

長さ(m):1.60  自重:305g
PEライン:MAX8.0号  ジグ(g):MAX400

グラップラー タイプJ B60-2(ベイト)

 2020年3月発売予定の1本です。

 適合ジグウエイト最大160g、ベスト水深は~60m+αくらいまでのシリーズ中で最もライトなジギングロッドです。

 ターゲットサイズは8kg+αまでの中型青物で、近海ジギングまでが限界かなと感じます。

 適合ベイトリールはシマノの300~2000辺りになります。

長さ(m):1.83  自重:158g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX160

グラップラー タイプJ B60-3(ベイト)

 適合ジグウエイト最大180g、ベスト水深は~80m+αくらいまでのライト系ジギングロッドです。

 ターゲットサイズは10kg+αまでの青物で、適合ベイトリールはシマノの300~2000辺りになります。

長さ(m):1.83  自重:140g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX180

グラップラー タイプJ B60-4(ベイト)

 適合ジグウエイトはMAX210g、適合PEラインは最大4号までとなるベイトジギングロッドです。

 水深~100m+αまでを限度とし、ターゲットサイズは青物~12kg+αまで戦えます。

 適合ベイトリールのサイズはシマノの1000~3000番がちょうどいい。

長さ(m):1.83  自重:145g
PEライン:MAX4.0号  ジグ(g):MAX210

グラップラー タイプJ B60-5(ベイト)

 適合ジグウエイトはMAX250g、水深は~120m前後くらいまでカバーするので、近海ジギング全体をカバーできる1本です。

 15kg+αくらいまでの青物なら余裕あるファイトができます。

 適合リールサイズはシマノの2000~3000番辺りです。

長さ(m):1.83  自重:152g
PEライン:MAX5.0号  ジグ(g):MAX250

グラップラー タイプJ B56-6(ベイト)

 適合ジグウエイトはMAX300gまでカバーし、水深も150mラインまで大丈夫です。

 ターゲットサイズは~20kg+αまでの青物でもOKで、底物もオススメです。

 適合リールサイズはシマノの2000~3000番。

長さ(m):1.68  自重:267g
PEライン:MAX6.0号  ジグ(g):MAX300

グラップラー タイプJ B56-7(ベイト)

 適合ジグウエイトはMAX350g、適合PEラインMAX8号のかなりヘビーな1本です。

 水深も200m手前までカバーでき、25kgクラスの大型ターゲットでも動じません。

 適合リールサイズはシマノの2000~4000番です。

長さ(m):1.63  自重:275g
PEライン:MAX8.0号  ジグ(g):MAX350

グラップラー タイプJ B53-8(ベイト)

 適合ジグウエイトはシリーズ中最も重いMAX400gまで対応可能です。

 水深も200mを超える辺りまでカバーできる中深海にも使えるモデルです。

 ターゲットサイズは青物~30kg+αまで十分対応可能です。

 適合リールサイズはシマノの2000~4000番クラスです。

長さ(m):1.60  自重:305g
PEライン:MAX8.0号  ジグ(g):MAX400

グラップラー タイプスローJ B68-1(ベイト)

 スロー系ジギングに特化したロッドで、ジグウエイトは最大160gです。

 比較的浅場となる60m前後までがカバー範囲で、適合リールサイズは150~1500になります。

長さ(m):2.03  自重:110g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):MAX160

グラップラー タイプスローJ B68-2(ベイト)

 スロー系ジギングに特化したロッドで、適合ジグウエイトMAX200gまでです。

 ベスト水深は80~90mくらいまでがオススメで、適合リールサイズはシマノの300~1500番辺り。

長さ(m):2.03  自重:115g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):MAX200

グラップラー タイプスローJ B68-3(ベイト)

 適合ジグウエイトがMAX260gの中深海狙いとしても使えるロッドです。

 ベスト水深は軽めのジグで~100m+α、重めのジグで~250m+αまで狙えます。

 適合リールサイズはシマノの300~2000番辺り。

長さ(m):2.03  自重:120g
PEライン:MAX2.5号  ジグ(g):MAX260

グラップラー タイプスローJ B68-4(ベイト)

 適合ジグウエイトMAX330gで中深海狙いで300mラインまで探れるロッドです。

 軽めのジグなら水深~130m+α、中深海狙いなら~300m+αが丁度いいです。

 適合リールサイズは1000~3000辺りがオススメです。

長さ(m):2.03  自重:125g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX330

グラップラー タイプスローJ B68-5(ベイト)

 このスローJシリーズで最も重いジグウエイトとなる400gまで対応可能なモデルです。

 ベスト水深~160m+α、中深海狙いなら~350m+αまでをカバーします。

 適合リールサイズは2000~3000番がオススメ。

長さ(m):2.03  自重:135g
PEライン:MAX3.0号  ジグ(g):MAX400

グラップラー タイプLJ S66-0(スピニング)

 スーパーライトジギングロッドと呼べるロッドで、適合ジグウエイトは20~100g辺りです。

 1.0号前後の細いPEラインで、水深50mまでの浅場で中型青物までをテクニカルに誘うロッドです。

 適合リールサイズは2500~4000番がオススメ。

長さ(m):1.98  自重:115g
PEライン:MAX1.2号  ジグ(g):20~100

グラップラー タイプLJ S63-1(スピニング)

 ジグウエイト30~130gとライトジギング全般を任せられるロッドです。

 ベスト水深は70~80mくらいで、ターゲットサイズは~6kg前後までがオススメです。

 適合リールサイズはC3000~5000番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:125g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):30~130

グラップラー タイプLJ S63-2(スピニング)

 ジグウエイトは40~160gなので、ライトジギングロッドながら近海ジギングまで範疇になります。

 ベスト水深は~80m+αくらいまでで中型青物までなら十分戦えるロッドです。

 適合リールサイズはC3000~5000番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:125g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):40~160

グラップラー タイプLJ S63-3(スピニング)

 適合ジグウエイトは50~180gの範囲で、やや重めのジグも扱えます。

 水深は100m超えのポイントでもなんとか使え、10kgクラスの青物まで十分大丈夫です。

 適合リールサイズはC3000~5000番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:127g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~180

グラップラー タイプLJ B66-0(ベイト)

 ジグウエイトは30~100gとスーパーライトジギングロッドとしてオススメです。

 PEライン1.0号前後の細糸で小型青物をメインターゲットに使えます。

 適合リールサイズは100~200番がオススメ。

長さ(m):1.98  自重:115g
PEライン:MAX1.2号  ジグ(g):30~100

グラップラー タイプLJ B63-1(ベイト)

 適合ジグウエイト40~130gと水深80mまでをカバーできるライトジギングロッドです。

 中型クラスまでの(6kgくらい)青物をメインに狙いたいロッドです。

 適合リールサイズは100~300番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:112g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):40~130

グラップラー タイプLJ B63-2(ベイト)

 ジグウエイト50~160gで水深80m付近まで十分探れるライトジギングロッドです。

 ターゲットサイズは8kgクラスくらいまでなので、中型青物までならOKです。

 適合リールサイズは150~300番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:112g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):50~160

グラップラー タイプLJ B63-3(ベイト)

 ジグウエイトは60~180gと近海ジギングの殆どをカバーできるくらいです。

 水深も100m前後までで、10kgクラスの青物でもOKなので、近海用として初心者にもオススメです。

 適合リールサイズは150~1500番がオススメ。

長さ(m):1.91  自重:115g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):60~180
シマノ グラップラーBB
比較的ライトなジギングロッドシリーズで、メリハリのあるジギングを展開することができるシリーズです。(メーカー希望価格:1万円台)
タップして全ロッドを見る(全4モデル)

グラップラーBB S631(スピニング)

 ライトなジギングを得意とするモデルがこのS631のモデルになります。

 ショートキャスト、早巻きの軽快な誘いにオススメです。

長さ(m):1.91  自重:115g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):MAX120

グラップラーBB S632(スピニング)

 スピニングのオールラウンダーともいえるのがこのS632モデルになります。

 どのジギングロッドを買えばいいのかを悩むならこのくらいの価格帯・スペックのロッドから始めるといいかもしれませんね。

長さ(m):1.91  自重:118g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):MAX150

グラップラーBB B631(ベイト)

 小技も得意なベイトジギングロッドです。

 豪快さは少し外れてしまいますが、小型ターゲットから中型青物くらいをメインに楽しむならこのベイトモデルですね。

長さ(m):1.91  自重:107g
PEライン:MAX1.5号  ジグ(g):MAX120

グラップラーBB B632(ベイト)

 ややライトよりではあるものの、近海ジギングの様々なシーンで活躍するベーシックモデル。

 最初のジギングロッド(ややライト)としてオススメの1本といえます。

長さ(m):1.91  自重:109g
PEライン:MAX2.0号  ジグ(g):MAX150
Page top icon