2020/4/22に加筆修正しました。

ショアのシイラロッドに求められるスペック

 どんなサイズのシイラを狙うかにもよりますが、ショアからシイラを狙うとなるとある程度ロッドに性能が求められると思っています。

 ここでは最低限求められるスペックを紹介します。

  • 9~10フィートの長さがある
  • ルアーは60~80gまで扱える
  • 最初はミディアムヘビー以上がオススメ

 あとお財布に余裕があるのであれば、できるだけ軽いロッドを選んでおくと疲れにくいのでキャスト回数も増えると思います。

ショアジギングロッド

 また、シーバスロッドでも中型くらいまでのシイラなら問題なく釣れますので、代用できるのですが、ロッドのことはよく分からない!っと思う釣り初心者さんには、ショアジギングロッドの方が安心感があると思います。

ショアシイラにオススメの入門モデル

 あくまでも個人的なオススメなのですが、入門モデルにはメジャークラフトのショアジギングロッドが良いと思います。

 安価でも、十分長く使えるロッドなので、最初の1本としてオススメしやすいのです。

クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいて一番スタンダードなロッドで、堤防、サーフ、地磯などポイントを選ばず使いやすいモデルです。

 メーターシイラを積極的に狙いに行くロッドとしてはオススメしにくい部分もありますが、ライトめなシイラゲームをメインにするなら問題ない1本です。

長さ:9'6”ft 自重:??g
継数:2本 ジグ:30~50g

クロステージ CRX-962MH

 ショアジギングで使用頻度の高い60g前後のジグにピッタリでショアジギング全般に使えるモデルです。

 特にキレの良いジャークを得意としていて、大型シイラでも十分に戦えるモデルといえます。

長さ:9'6”ft 自重:??g
継数:2本 ジグ:40~80g

クロステージ CRX-1062MH

 足場の高い堤防や磯からの釣りではこの長さがオススメで、更なる大型シイラとのファイトを楽しむための1本です。

 60g前後のルアーを思いっきりロングキャストするならこのモデルオススメです。

長さ:10'0”ft 自重:??g
継数:2本 ジグ:40~80g

他にもシイラロッドはたくさんある

 ここで紹介したのはあくまでも入門ロッドとしてオススメのものです。

 他にもシイラに使えるロッドはたくさんありますので、各メーカーごとにチェックしてみてくださいませ。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。詳細先はこちら

Page top icon