2020/4/28に加筆修正しました。

ショアシイラのラインに求められるスペック

 ターゲットとするシイラのサイズや、堤防か磯場か人が多いか少ないかで少しは変動しますが、基本的には

  • PEライン:1.5~2.0号
  • リーダー:40~60lb辺り

 であれば、だいたい大丈夫だと思います。

 PEラインでの釣りに慣れていない方に時々、ナイロンラインでも大丈夫ですか?っと聞かれますが、まぁ絶対無理ってわけではないけど、オススメはしにくいって感じですかね。

私が使っているPEライン

 正直、どんなPEラインでもそこまで大きな問題はないと思うのですが、最近よく使っているのがこちらのPEラインです。

弾丸ブレイド 1.2号

 5色カラーのものもありますが、個人的にはグリーン単色のものが好みでよく使用しています。

 なかなかにこのグリーンが見やすくて釣りもしやすいのですが、強く手で擦ると色落ちしてくるので、そこだけはどうにかならないかなぁとは思ってます。

 とはいえ、釣りをする分には何ら問題ないコスパの良いラインなので、オススメです。

私が使っているリーダー

 リーダーラインに関しても、サワラやタチウオが回っているときは太めのフロロ、それ以外ならナイロンラインで、っという個人的ルールがありますが、基本何でもOKだと思います。

バリバス ショックリーダー40lb

 どのメーカーのリーダーがどれだけより良いとかいう情報は私個人はまったく分かっておりません。

 ただ、以前よりショックリーダーはバリバス!っという勝手な思い(思い込み?)から長年愛用しています。

 ナイロン派、フロロ派など意見は様々ありますが、その辺りは個人の好みの差が大きいので、まずは両方使ってみることをオススメします。

ラインマーカーは必要?

 これに関してはどっちでも良いですかなぁ??っと思っています。

 シイラゲームは大半がトップゲームになるので、目で見える範囲での釣りですので、カラーリングはあってもなくてもOKです。

シイラはトップゲームが基本

 ただ、カラーの継ぎ目の部分にサゴシとかが『何かと勘違いして食い付いてくる』という謎の現象が起こり、ラインがそこで切れるということが稀に起こります。

 それが絶対にイヤというのであれば、単色のPEラインを使うことをオススメします。

結び方(ノット)は何がオススメ?

 PEラインとリーダーラインの結び方(結束法・ノット)に関しては、ある程度の強弱の差や、メリットデメリットがあちこちで言われてますが、100%ダメな結び方というものは存在しません。

 なので、失敗せずに自分が一人でできる結び方を1つ知っておけば、それでOKと言えます。

ノーネームノットでの結び目

 私自身はというと、ノーネームノットという結び方を愛用してまして、メーター超えのシイラでも、ブリクラスでも、ドラゴンタチウオでも結び目が原因でバラしたことはありません。

 比較的手順も少ないので、どれが良いのか分からんーっという方は一度調べてみてください。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。詳細先はこちら

Page top icon