2019/11/20に加筆修正しました。

船・ヒラメリールの選び方

 ヒラメ釣りにおけるリールはさほど重要ではないと個人的には思っています。極論を言うなら、ラインを巻いておくだけのものと言っても良いかなと思っています。

 基本として、PEラインの2~3号程度(ライトヒラメなら1~1.5号)を200m巻けるリールであれば大抵OKです。

 水深が表示されるカウンターが付いていなくとも、底が狙いのタナになる釣りなので無くても大丈夫です。

レオブリッツ200J-L

 電動リールに関しても、水深が60mよりも深いところに釣りに行くのであれば検討するべきですが、そうでなければ手巻きで十分です(私は太刀魚テンヤで兼用の電動リールレオブリッツ200J-Lです。)

 ただ、ヒラメは持ち竿として釣ることが多いので、リールは軽量であるに越したことはありません(電動は重い)。

 また、軽量になっているリールほど高価なものとなっていることが多いです。この辺りはご自身のお財布と相談して下さい。

シマノの船・ヒラメリール

シマノ オシアコンクエスト 200HG

 シマノのリールテクノロジーが集結されてできたリールがこのオシアコンクエストシリーズです。

 ライトゲームから大型魚のパワーにもひるまないと言われるこのシリーズはヒラメゲームでもその力を発揮します。

 ちなみに左巻きが欲しい方は201HGモデルです。

巻糸量:PE2号-200m 自重:285g
巻取長:78cm 最大ドラグ力:5kg

カウンター付きヒラメリールなら

シマノ バルケッタBB 600HG

 バルケッタBBシリーズで最も余裕を持ったサイズがこの600サイズです。

 PEライン2号がたっぷり300mストックできるので、高切れした際にも続けて釣りができるのが良いですね。

 ただ、600番台には左巻きがないのが残念なところ。

巻糸量:PE2号-300m 自重:245g
巻取長:72cm 最大ドラグ力:5.5kg

ダイワの船・ヒラメリール

ダイワ ミリオネアバサラ200H

 船リールでの最大の敵である塩ガミを徹底的に排除した精密マシンともいえるリールです。

 かなりスムーズな回転性能で、基本的なヒラメゲームのシーンの大半をカバーできるリールです。

 左巻きモデルは200H−Lです。

巻糸量:PE3号-180m 自重:295g
巻取長:71cm 最大ドラグ力:7kg

電動ヒラメリールなら

ダイワ レオブリッツ 150J

 手巻きリールのような感覚で扱えるサイズの電動リールがレオブリッツ150Jですね。

 とはいえ、電動リールなので手巻きリールと同じ重さとはいきませんが、軽くてもぐいぐい巻き取れるこのパワーはオススメですね。

 左巻きモデルは150J-Lです。

巻糸量:PE2号-200m 自重:455g
最大巻上力:32kg 最大ドラグ力:7kg

ダイワ シーボーグ 200J

 ダイワの電動リールで最も安心感のある最高峰モデルがシーボーグシリーズです。

 その中でも一番ライトなモデルにはなりますが、小さくでもパワーのあるモデル。

 左巻きもモデルは200J-Lです。

巻糸量:PE2号-300m 自重:460g
最大巻上力:38kg 最大ドラグ力:8kg

カウンター付きヒラメリールなら

ダイワ ライトゲームX ICV 150H

 繊細だが耐久性に優れたモデルで、手返しの良さが最大の武器となるライトゲーム向けのリールです。

 タチウオゲームにおいて使われるクラスのリールですが、ヒラメゲームでも十分その力を発揮できます。

 左巻きモデルは150H-Lです。

巻糸量:PE2号-200m 自重:265g
巻取長:71cm 最大ドラグ力:4kg

ダイワ スパルタンIC 150H

 負荷が掛かってもしっかり巻き上げることができるライトゲームに適したカウンター付きリールです。

 手持ちで釣りを続けることが多いヒラメゲームにおいてこの軽さはかなりオススメできますね。

 左巻きモデルは150HLです。

巻糸量:PE2号-200m 自重:220g
巻取長:70cm 最大ドラグ力:5kg

船・ヒラメリールのまとめ

 あくまでも個人的意見ですが、手巻きリールならシマノのオシアコンクエスト200HGか、ダイワのミリオネアバサラ200Hがオススメですね。

 他の釣りとの兼用も考えていて電動リールが良いと思う方は、ダイワのレオブリッツ150Jか200J、もしくはワンランク上のシーボーグ200Jかなと思います。

 このページでは念のためカウンター付きのリールも紹介しましたが、ヒラメオンリーとして使うなら底が基本的なポイントになるのであまりカウンターの必要性はありません^^;

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

Page top icon