2019/11/19に加筆修正しました。

がまかつの船ヒラメ竿一覧

 がまかつのヒラメ竿は1シリーズしかないのですが、この1シリーズで通常ヒラメもライトヒラメもカバーできます。

 通常のヒラメモデルが2モデル、ライトヒラメモデルが2モデルとなっております。

がまかつ-通常モデルのヒラメ竿

 まずは通常のヒラメモデルの竿を紹介していこうと思います。ライトヒラメモデルは記事の後半で紹介します。

がまかつ シーファングシリーズ
シーファングは軽量かつ高感度のヒラメ専用設計のシリーズです。全4モデルあり、うち2モデルが通常ヒラメモデルです。(メーカー希望価格:4万円台)
詳しくロッドを見る(全2モデル)

がまかつ シーファング 270MH

 様々な状況に対応できるオールラウンドモデルとなるのがこの270MHです。

 食い渋りのある状況でも柔軟な穂先~穂持ちがヒラメを食い込み邪魔しない設計となっています。

 置き竿でもヒラメを誘える点もオススメポイントです。

長さ:2.70m 継数:2本
自重:173g 錘負荷:25~100号

がまかつ シーファング 270H

 急潮流や横流しが主体となる釣りに対応できる1本です。

 負荷が大きい荒れた環境下でも優れた操作性を発揮し、根の荒いポイントでも積極的な釣りを展開できる。

 また大型ヒラメも底から一気に剥がせるだけのパワーもあるモデルです。

長さ:2.70m 継数:2本
自重:180g 錘負荷:30~120号

がまかつ-ライトモデルのヒラメ竿

 最近、メキメキと人気急上昇してきているのがこちらで紹介するライトヒラメモデルです(ただし、ヒラメ初心者さんはライトヒラメの注意点を知ってからロッドを買うかどうか考えてください)。

 ここからはがまかつのライトヒラメシリーズを紹介していきます。

がまかつ シーファングシリーズ
シーファングは軽量かつ高感度のヒラメ専用設計のシリーズです。全4モデルあり、うち2モデルがライトヒラメモデルです。(メーカー希望価格:4万円台)
詳しくロッドを見る(全2モデル)

がまかつ シーファング Light 240ML

 純粋な意味でのライトヒラメを楽しむことができるモデルです。

 浅場でのヒラメゲームをメインに手持ちで一日楽しむことができる1本です。

 軽快な操作性と感度性能を備え、釣り味を存分に堪能できるのがライトヒラメの魅力です。

長さ:2.40m 継数:2本
自重:120g 錘負荷:10~60号

がまかつ シーファング Light 240M

 底質の荒い場合など操作性を優先させたい場合に対応するライトモデル。

 高い手感度を備え、活きエサの状態の判断が的確にでき、しっかりヒラメが食い込むまでの流れを手感度で感じられる1本です。

長さ:2.40m 継数:2本
自重:125g 錘負荷:15~80号

がまかつ以外の船ヒラメ竿

 がまかつ以外にもダイワ、シマノとヒラメの船竿は販売されていますので、チェックしてみてください。

 ダイワとシマノを比べると個人的にはダイワのヒラメ竿の方が軽くて好みではありますが、シマノのライトヒラメも悪くないと思います。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。販売ページはこちら

 ステッカーはメルカリにて販売中にゃ。

Page top icon