2019/11/20に加筆修正しました。

アタリとアワセのイメージトレーニング

 ヒラメ釣りの醍醐味といえばこのアタリから合わせまでの待っている間ではないかと思います。

 ゴツゴツ、ガツガツとヒラメがエサを食べている感触が竿から伝わってきて、ググーッと竿が引き込まれたその時こそが合わせを入れるタイミングですね。

 その様子をちょっとイメージしてみると、以下のような感じです。

ヒラメ釣りのアタリとアワセのイメージ図

 アタリがあったら、上のようなイメージで竿がぐぐーっと持っていかれてからアワセを入れるのが理想的です。

ヒラメの捕食動画でイメージトレーニングする

 ヒラメの捕食シーンの動画を見つけてきたので、これを見るとアタリとアワセのイメージもしやすくなるかと思います。

 とはいえ、すべてのヒラメが教科書通りの食べ方をするわけではありませんので、あくまでも参考程度ですね^^;

竿の感覚から考えるヒラメのアワセのタイミング

 グーッと竿が引き込まれたら45度の角度にまでググーッとアワセOKの合図です。

 逆に言うなら、ヒラメ釣りではググーッとくる前にアワセるのは早すぎるのです。

ググーッと来るまで合わせるのはダメ

 アワセてからさらに引き込みがあればアワセが成功!逆に軽くなるならアワセは失敗!なのですが、仕掛けをスーっとゆっくりと落とし込むと・・・。

 ヒラメはしつこい性格なので、もう一度食ってくる可能性があります。

 アワセが成功すれば、竿を水平に保った状態でリーリング、取り込みまで頑張って下さい!!

 

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。販売ページはこちら

 ステッカーはメルカリにて販売中にゃ。

Page top icon