2019/08/19に書きました

デュエルのタコやんは必須アイテム!

 あくまでも個人的なオススメタコエギの1つなのですが、デュエルのタコやんは絶対にオススメのタコエギの1つです。

 とりあえずはこれさえあれば、まぁ1シーズンしっかりタコを遊び尽くせるアイテムだと思っております。

デュエルのタコやん

 シンカーが下に付いてるので、根がかりしにくいのが最大のオススメポイントですが、その他にもラトル音あり、ラバーありで基本的にタコへのアピール力が高いのが良いですね。

 しっかり着底させてからのシェイクやかなりゆっくり目のズル引きなんかがオススメの使い方ですね。

 ただし、チョイ投げからの底引きがメインの使い方になるので、壁際を攻めるような釣り方には向いてません。

エサを使うにしてもタコやんがオススメ

 エサ専用のテンヤを使った釣り方が本筋のタコのエサ釣りだとは思うのですが、タコやんにエサを掛けたり、巻いたりして使うのもオススメです。

 別のページ(エギでダメならエサで釣る!)で紹介していますが、イカの切り身(の集魚剤漬け)を使う場合、タコやんのフックにイカを掛けて、外れにくいように輪ゴムで縛る使い方がめちゃくちゃアピール力が強いので良いですよ。

タコやんにエサ付けも最強

 それ以外でも、タコやんにサンマの切り身をぐるぐる巻きにして使うというのも某釣具屋さんがオススメしておりますので、タコエギだけでも、エサ釣りとしてのタコ釣りも楽しめますよ。

 釣れてるときはタコエギだけでももちろん十分ですが、釣れないケースが続くのであれば、エサに頼ることも1つの楽しみ方だと思いますよ。

 特にファミリーフィッシングで子供になんとか釣らせてあげたいのであれば、エサがオススメですね^^

壁を攻めるならやっぱりタコジグ

 タコエギは足元やちょい投げから底を引くことには長けているのですが、壁際を攻めることにはやや弱い部分が多いのです。

 壁際を攻めるのであればやっぱりタコジグがオススメですね。

壁際のタコ釣りはタコジグが強い

 タコジグはどんなのがオススメなのかと問われると、正直なところ私自身としましては答えを持っていません。

 と、いうよりはタコジグなんてどれも一緒かもしれないっと思っているくらいです。

 好みの色を買っておけば、あとは壁際ギリギリを歩いて歩いて、攻めて攻めて攻め倒すだけなので、コスパを重視するくらいで良いのかなと思っております。

タコジグでの釣り方

 壁際ギリギリを引っかかるか引っかからないか(10cm以内がオススメ)くらいの距離感でタコジグを落とし、小刻みに震わせながら誘います。

 壁際でも底引きの釣りと同じく、イガイやカキなんかがいる引っかかりがある部分に多く潜んでるので、その辺りを重点的に攻めます。

 もちろん、スリットなどの隙間なんかの変化があるところもオススメです。

色々他にもあるけれど、コスパが・・・

 最近は色々なタコジグやタコ専用のエギや仕掛けが販売されていて、かなりおしゃれなアイテムも増えてきました。

 もちろん、それはそれで魅力的なポイントも多く、釣れやすさが違うのかもしれないのですが、根がかり前提のタコ釣りとしては、コスパが悪いかもしれないと思っております。

個人的にはタコやん最強

 どの商品とはここでは書きませんが、お値段が高いタコの仕掛けを買うよりは、安くても良いので、根がかり覚悟で際どいところを攻めても怖くないアイテムの方がオススメです。

 つまり、結局のところ、根がかりしても後悔しない程度にお安いアイテムを数多く用意しておくほうが有利なんじゃないかと思うわけです。

このページのまとめ

 まぁつらつらと書いてきましたが、まとめるとデュエルのタコやんと、壁際を攻めるためのタコジグさえあれば、ほとんどのタコ釣りの状況をカバーできると思っております(私の勘違いかもしれませんがw)。

 他にもタコ釣りの仕掛けはたくさんありますし、魅力的な仕掛けもあるのですが、根がかり上等なタコ釣りの性格を考えるとよほど釣れる仕掛けだったとしても、コスパを考えるとお財布に優しくないことにもなるので、オススメしにくいと感じております。

 根がかりを想定して、安い仕掛けを多く用意している方が良いんじゃないかと思うわけです。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

top icon Page top icon