2019/12/24に加筆修正しました。

誘い出しに必要なコト

 誘い出しに必要なコトはいくつかあるのですが、個人的に思うところをざっと紹介してみたいと思います。

ジギング船

 人によってはここに書いている以外のコトが必要だと感じることもあると思いますが・・・

  • とにかくキャスト回数が必要
  • できるだけ遠投することが必要
  • 疲れないタックルが必要
  • 体力が必要
  • 折れない心が必要

 実際問題、タックルなんかよりも釣り人自身側にある強さ(体も心も)が必要な釣りだと思います。

全ては魚のヒットにつながる

 上で紹介した必要なコトは、すべて魚のヒットにつながるコトだと考えています。

 キャスト回数を増やせば増やすほど、ヒットの確率が上がります。できるだけ遠投することでアピールする距離が長くなるので、誘える魚の数が増えます。

ヒットからのファイト

 疲れないタックルだと一日中キャストを繰り返すことができますし、釣り人自身に体力があれば、多少重いタックルでも十分カバーすることができます。

 そして、最後に一番大事だと思うのが、折れない心ですね。

 タックルが多少重くとも、体力が少なくても、遠投性がなかったとしてもキャストを続けることができれば、確率を上げることができます。

 とにかく、投げて、誘ってを繰り返すのみ!!休憩ももちろん必要ですが、その時間すらキャストを続けていれば、ヒットを手繰り寄せる可能性が高くなりますよねー。

誘い出しにハイスペックなタックルは必要?

 テレビやYOU TUBEなんかに出ているプロや釣り上手な人を見ていると、かなりハイスペックなタックルを使っていることが多いですね。

 では、実際問題、ハイスペックなタックルが必要かというとそこまでのタックルは最初は全然不要です。

誘い出しの専用タックル

 低スペックが良いか、ハイスペックが良いかと問われるとそりゃハイスペックの方が良いですが、ハイスペックじゃないとダメか?と問われるとそうではないというわけです。

 最初の一本は、ボートキャスティングの専用の入門モデルで全然OKです。

 個人的にはダイワやシマノの入門モデルか、メジャークラフトの安価モデルがオススメだと思っています。

ハイスペックタックルは何が良いの?

 ハイスペックモデルの何が良いかというと、タックルの軽さと耐久性が廉価モデルとは比べ物にならないものが多いですね。

 この2点は限りなく高くなっているので、そりゃ良いお値段しますよって話なんですが、それがあるってこととよく釣れるということには直接的にはつながらないとも言えることができます。

 ただ、タックルが軽いというだけで、一日中キャストを繰り返しても疲れにくいので、トータルとしてキャストの回数も増えるのでヒット率やキャッチ率が高くなることにもなりますね。

 なので、誘い出しにガッツリハマった人には専門のハイスペックなタックルの購入をおすすめしますが、初心者の人にはそこまで必要とは言いませんよってところです。

運営者について

釣れないときに読むサイトの中の猫

 色々な釣りジャンルに手を出しすぎてあれもこれも中途半端になって釣れなくなってしまった猫です。
詳細プロフはこちら
連絡先はこちら

オリジナルグッズ

ジギングで釣れない猫

 オリジナルアイテムを販売中です。販売ページはこちら

 ステッカーはメルカリにて販売中にゃ。

Page top icon