2019/12/03に加筆修正しました。

誘い出しで釣れないときはここを見直したい

 周りも釣れてないなら状況が悪いで片付くことも多いですが、周りが釣れてて自分が釣れていないときが一番問題です。

 そういう状況で、誘い出しの見直したいポイントをいくつか紹介したいと思います。

キャスト数が全然足りていない可能性

 個人的に釣れている人と釣れていない人とで一番大きく違うと感じるのがこれだと思っています。

 キャスト回数が全然違うんですよね。

キャスティングを繰り返す

とにかくルアーを海中に!

 当たり前の話ですが、ルアーが海の中にないとターゲットが釣れる可能性はゼロですよね、ルアーをキャストしないと始まりません。。

 そのルアーが海の中にいる時間が長ければ長いほど、多ければ多いほど、釣れる確率は上がっていくというのは確実です。

 釣れてないからといって休憩していると、どんどんバイトのチャンスが減っていくわけです。

ラインは楽々結べるようになっておきたい

 誘い出しは基本デイゲームなので、そこまで頻繁にライントラブルが起こるわけではありませんが、青物にラインをぶっちぎられたり、お隣さんが青物を掛けたタイミングでオマツリしてしまうようなことはあるかもしれません。

ライントラブルでの時間のロス

 こういうタイミングって要は釣れているタイミングであることが多いので、この時間をロスしてしまうことはかなり大きな痛手になります。

 家ではゆっくりラインシステムを作ることができても、船の上で、しかも釣れているタイミングだと焦ってしまってラインシステムがうまく組めなくなるってケースは多いハズ・・・。

 焦っていても、船が大揺れでもラインシステムは楽々できるようになっておきたいですね。

 適当なラインシステムを組んでしまって、次に掛けたときにラインすっぽ抜けなんて笑えませんよねぇ。

そのルアーが青物に見切られている可能性

 青物にルアーを見切られているようでは、何度ルアーをキャストしてもなかなか食ってはもらえません。

 ルアーを見切られている場合の対策をいくつか紹介したいと思います。

ルアーを引く速度が合っていない

 個人的に一番多いんじゃない??と思っているのがこのルアーの速度です。

 特に他のルアーゲームを人に多いと思っているのですが、ルアーを引く速度が遅いことで青物に見切られてしまうってことです。

誘い出しとルアー

 青物の遊泳力はめちゃくちゃあるので、ルアー回収しようと思ってガン巻きしているようなときでも余裕で食ってきますので、どれだけルアーを引く速度が速くても全然大丈夫なのです。

 また、逆にその日のパターンがゆっくり速度が良いということもありますので、常に速い方が良いというわけではありません。

 なので、周りに釣れている人がいるのなら、その人のルアーを巻く速度をチェックして真似してみましょう。

ルアーが合っていない

 ルアーが合っていないというのには2種類あります。

  • ルアーサイズが合っていない
  • ルアーカラーが合っていない

 合っていないから絶対に釣れないということはありませんが、その日、そのタイミングで食っているベイトのサイズとカラーに合っている方がアタリは確実に増やすことができるのです。

誘い出しに使うシンキングペンシル

 カラーが違えば食ってこないというケースもよくありますし、食っているベイトが偏っている時期であれば、そのサイズもマッチしていないとチェイスすらないということもあります。

 釣れている人がいればそのカラーを真似る、サイズを聞いてみるなど釣れている人にあやかるのが一番ですね。

 また、そもそも釣行するより前に、船長に釣れ筋のルアーカラーを聞いておいて準備してから誘い出しにいきたいですね。

飛距離も出せるなら出しておくほうがお得

 これは誘い出しに限った話ではなく、ルアーゲーム全般的にそうだと思うのですが、飛距離は出せる方がお得です。

 ルアーをアピールできる時間や距離が長く取れるからですね。

色々なキャスティングをできるようにしておきたい

 誘い出しは釣り座の位置でキャスティングのしやすさが変わるので、思うようにキャストできない状況になることもあります(特に大きめの船の場合)。

ミヨシでのキャスティングは楽

 船の舳先(ミヨシ)で釣りが釣りができるならキャスティングもしやすいかもしれませんが、船腹(横の部分)やトモ(船の後方)であれば、船体があったり、他の釣り客がいるため思うようにキャスティングができないことも多くなります。

 そういう状況でも、アンダーキャストでできるだけ遠くにキャストできるようになっておくことが大事ですね。

ワンランク重いルアーを用意しておきたい

 なんだかんだ言ってもやはりルアーの自重がある方がよく飛ぶに決まっています。

 船長の指示のルアーを揃えていくのは当然として、それよりもワンランク重いルアーも用意しておきたいですね。

重いルアーを用意しておきたい

 誘い出しというとトップウォータープラグとか、シンキングペンシル、ミノー辺りを想像してしまいますが、鉄板系バイブレーションや、ジグを用意しておくだけでダントツの飛距離で攻めることができるようになります。

 他の人に届かないポイントを攻めることができる、または他の人より先に新鮮なポイントを攻めることができるので有利になれますよって話です。

誘い出しって面白い!

 元々はジギングが好きだった私ですが、一度誘い出しの世界に足を踏み入れたらこれまた面白くてどっぷりハマってしまいましたね、苦笑。

シンキングペンシル

 当サイトではあれこれと誘い出しに関するウンチクをエラそうに書いたりしていますが、あくまでも私自身が誘い出しにハマり込んでいく過程で知ったことを書いた初心者のサイトですので、細かいところは生温かい目で見守って下さればありがたいです。

 また、当サイトに掲載している情報は2019年12月現在までで、私が知りえた情報を加筆修正したものです。

 情報が古くなっている可能性もあれば、そもそも間違った認識を紹介している可能性も否めませんのでアシカラズです。

Page top icon